新築の物件を購入してから引っ越しするまでのやることリストをご紹介します!

新築の物件を購入しようとお考えの方で、物件の引き渡しが行われるまでにやることをご存知ではないという方はいらっしゃいませんか。
引っ越しするまでのやることを把握しておくと、事前準備が非常にやりやすいでしょう。
そこで今回は、新築の物件を購入してから引っ越しするまでのやることリストをご紹介します。

□新築住宅の入居ポイントとは

新築住宅に入居する際はいくつかポイントがあります。

まず1つ目のポイントは新築住宅へ引っ越す前に換気しておくことです。
新築住宅には、家を建てるために使われる接着剤や塗料に含まれる揮発性のある物質が発生します。
その物質の影響によりシックハウス症候群と呼ばれる症状にかかる方もいらっしゃるため、注意してください。
シックハウス症候群を予防するためにも、換気を入居前に行うのはもちろんのこと、入居後も積極的に行うよう心がけましょう。

2つ目は入居前に床ワックスやコーティングを行うことです。
床ワックスやコーディングは、フローリングを美しく長持ちさせるために行います。
また、フローリングの上にワックスの膜を張るため、傷がつきにくくなったり、水気や汚れから守ってくれたりする効果もあります。
入居前であれば、荷物が家に届いていないため、ワックスをかける作業がやりやすいでしょう。

3つ目に、住宅建築時にエアコンが設置されていない場合は、引き渡し後に自分で取り付ける必要があることです。
エアコンの取り付け工事は、繁忙期の場合、設置工事の予約が取りにくい可能性があるため、できれば入居前までに早めに準備して工事を済ませておくと良いでしょう。

□物件を購入してから引っ越しするまでの流れ

*物件を購入した後

物件を購入し終えたら、まずは引っ越し会社を選びましょう。
繁忙期の場合、希望通りの日程が組めない可能性もあるため、早めに申し込みすることをおすすめします。

そして、今住んでいる住宅の解約手続きも行いましょう。
解約の手続きは1か月以上前と決められていることが多いため、1日でも過ぎてしまうと1か月余分に支払わなければならない可能性もあります。
そのため、家主の方に早めに連絡して手続きの内容を把握し、解約手続きを進めましょう。

他には、インターネットの回線や電話の手配も大切です。
新しい家に入居しても、インターネットが使えない状態だと非常に不便です。
こちらも、回線工事の許可が下りるまでに1か月から2か月ほどかかることもあるため、余裕をもって手配を行いましょう。

*引っ越し1か月前

まずは、住民票の住所変更を行いましょう。
ローン契約を行う際に、銀行から新住所の住民票が必要なため、自治体に住所変更を依頼してください。

また、電気やガス、水道の手続きも忘れないようにしましょう。
この手続きを忘れてしまうと、新築へ入居した当日から電気もつかず、お風呂も入れないといった事態に陥りかねません。
手順としては、現在の住宅で使用している電力やガス、水道会社に連絡して使用停止の申し込みを行います。
全ての使用停止の手続きが終われば、今度は新しい住居での手続きに入ります。 ガスの手続きをする場合、作業員による開栓作業とガス機器点検のため、立ち会いが必要です。

引っ越しが近づいたら、荷物の梱包を行いましょう。
また、購入した住宅が契約通りに建てられているのか、施工ミスがないかなどの確認が新築に引っ越す2週間ほど前に行われます。
施工ミスや傷汚れなどは、この段階で指摘すれば修繕してくれるため、遠慮なく伝えましょう。

□まとめ

今回は、新築の物件を購入してから引っ越しするまでのやることリストをご紹介しました。
物件を購入してから引っ越しするまでにやることは想像以上に多いため、事前にスケジュールを立てて、計画通りに事を進めないといけません。
引っ越しするまでのやることを把握したい場合は、ぜひこの記事を参考にしてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ