新築時のカーテンの選び方を専門家が解説します!

新築の物件を購入しようとお考えの方で、カーテンをどう選んで良いか分からないという方はいらっしゃいませんか。
カーテンは色やサイズもたくさんあり、どの種類のカーテンが自宅に合うのか分からない方も多いと思います。
そこで今回は、新築時のカーテンの選び方をご紹介します。
ぜひご覧ください。

□カーテンの選び方

カーテンを選ぶ際に皆さんが気になる点としては、カーテンのデザインや機能が挙げられるでしょう。
カーテンのデザインを決める際に重要なポイントは、床や壁紙の色、部屋のインテリア、部屋の役割の3つがあるため、順番にご紹介していきます。

まず、カーテンは部屋につけるもののため、部屋全体の雰囲気に合わせて選ぶ必要があります。
床や壁紙の色に合わないカーテンをつけてしまうと、落ち着かない部屋になる場合もあるため、気をつけましょう。
例えば、薄い色が床に使われている場合は、カーテンに色味をもたせると良いアクセントになります。

次に、部屋のインテリアを見ながら何色が目立っているか、また何が中心になっているかを確認しましょう。
部屋に個性を持たせたい場合は、何を中心にして部屋のテイストを決めるかが重要になります。
インテリアと同系色のカーテンで、部屋のイメージを損なわせないようにするのも良いですし、カーテンを中心にして部屋に彩りを付け加えるのも素敵でしょう。

最後に、部屋の役割からカーテンを選ぶ方法ですが、イメージしにくい方もいらっしゃるかと思うため、例を用いて説明します。
リビングにカーテンをつける場合、家族がくつろげる場所や、憩いの場としての役割があるため、淡い色や透明感のある色を選ぶと良いでしょう。
逆に寝室の場合、疲れを癒し朝の目覚めが良くなるようなカーテンを選ぶことをおすすめします。
暗めの色で、外の騒音や光を遮る機能のついたカーテンが良いでしょう。

このように、部屋の役割を考えることで、カーテンに必要な機能も分かってくるため、ぜひ参考にしてください。

□カーテンを選ぶ際の注意点

ここまでカーテンの選び方をご紹介してきましたが、カーテンは複数必要になるため、全てのカーテンの素材やデザインにこだわっていると、予算オーバーになる可能性があります。
予算オーバーにならないためにも、事前にどのくらい費用がかかるのか考えておきましょう。
必要な経費を算出するためには、まず既製品かオーダーメイドかによって費用が変わることを知っておいてください。

具体的には、必要な窓数が10の場合、オーダーメイドであれば30万円ほど、既製品であれば10万円ほどとなっております。
しかし、機能や素材によっても値段が異なるため、あくまで参考程度にとどめておきましょう。
また、経費を抑えるためには、こだわるポイントの優先順位が大切です。
絶対に譲れないポイントは何かを考えて、妥協するラインを予め決めてからカーテンを選ぶと良いでしょう。

他にも、カーテンを購入するタイミングで取り寄せにかかる期間を確認しておくことも大切です。
店頭に置いてある既製品のカーテンが欲しい場合だと在庫があれば即購入できますが、オーダーメイドの場合だと注文を受けてから制作するのに時間がかかります。
そのため、入居してからカーテンを選ぶ場合、オーダーメイドでカーテンを購入するとすぐには家で使えないことを覚えておきましょう。

このような状況になった際は、カーテンが届く日までは代用品で対応する必要があります。
引っ越しする前のカーテンがある場合は、サイズが合わなくても代用品として使用できます。

□まとめ

今回は、新築時のカーテンの選び方をご紹介しました。
カーテンを選ぶ際は、部屋の役割やテイストに合わせて色味や機能を考えると良いでしょう。
また、カーテン選びにはかかる費用を把握しながら、予算の範囲内で上手に選ぶことが求められます。
カーテンの選び方に困った際はぜひこの記事を参考にしてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ