新築の照明計画でよくある失敗例をご紹介します!

新築の物件を購入する際に、どのような照明を買えば良いか分からないという方はいらっしゃいませんか。
家の中に、照明を付けるポイントはいくつもあるため、それぞれの部屋に適した照明を選ぶのは難しいでしょう。
そこで今回は、新築の照明計画で失敗しないためにも、よくある失敗例をご紹介します。

□よくある失敗例

照明の失敗例といっても、部屋によって失敗する特徴は異なるため、今回はキッチンと玄関でよくある失敗例をご紹介します。
まず、キッチンの照明は、料理をする際に重要なポイントになってきます。
料理をする際に絶対に避けたいことは、手元が暗くて作業しにくいことでしょう。
しかし、よくある失敗として照明を買ったものの、付ける位置が悪かったり、照明の個数が足りなかったりと結果的に手元が見えにくい場合があります。

キッチンに照明を付ける際は、とにかく明るさを意識しましょう。
明るさを意識する際は、自分が料理をする場所に立っても明るくなっているかを確認してください。
例えば、光源が背中の方にあると、手元が陰になってしまいます。

明るさに関して他によくある失敗として挙げられるのが、リビングやダイニングと同じ空間にキッチンがあるため、照明の色や形を揃えることが挙げられます。
統一感を意識することも大切ですが、キッチンの照明を考える際は明るさを重視しましょう。

次に、玄関に照明を付ける際、よくある失敗として挙げられるのは、スイッチの位置です。
玄関にスイッチを付ける際は、基本的に玄関ホールか玄関ドアの近くである場合が多いでしょう。
玄関ホールに付けた場合、夜遅くに帰ると、どこにスイッチがあるか分からず不便と言う方もいらっしゃいます。
一方で、玄関ドアの近くに付けた場合でも、外出しようとした際に暗くて靴がどこにあるか分からないということもあります。

では、玄関に照明を付ける際はどのようにすれば良いのでしょうか。
おすすめは、玄関に人感センサー付きの照明をつけることです。
人感センサーは、人の動きに反応して自動で照明が点くため、スイッチを入れる必要がありません。
暗い時間帯に家に帰ることが多い方には、おすすめの方法でしょう。

□照明で失敗しないポイント

上記では、主にキッチンと玄関の照明に関する失敗例をご紹介してきました。
ここからは、家全体で照明を付ける際に考えるべきポイントを見ていきましょう。
まず前提として、照明を選ぶ際は計画的に行うことが大切です。
照明で失敗する方の特徴として、実際にこの照明を付けたらどの部分がどのくらい明るくなるかイメージせずに選んでいることが挙げられます。

しかし、どのくらい明るくなるかイメージできないという方もいらっしゃるでしょう。
そのような方が照明を選ぶ際は、照明の種類や特徴を把握することをおすすめします。
照明の種類や特徴を把握しておくことで、自分が作りたい雰囲気に合った照明が選べます。

また、照明の知識が豊富であれば、いくつかの照明を組み合わせて、1つの照明だけでは出せない雰囲気を作れるでしょう。
このように、部屋の雰囲気をおしゃれにしたい方は、ぜひ照明の組み合わせにチャレンジしてみてください。

他に照明選びで注意しておくべきポイントとしては、見た目だけでなく実用性も考慮して選ぶようにすることです。
照明はあくまで生活するために付けるもののため、実用性は意識しましょう。
見た目だけで照明を選んでしまうと、掃除がしづらい、明るさがあまりないといった不便さを感じることがあるため、気をつける必要があります。

□まとめ

今回は、新築の照明計画でよくある失敗例をご紹介しました。
照明は、付ける位置や明るさで失敗することが多いでしょう。
そのため、照明を選ぶ際は、照明の種類や特徴を押さえながら、実用性を意識して選んでください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ