注文住宅の打ち合わせの流れと注意点を解説します!

注文住宅を購入するときの打ち合わせがどのようなものかわからない方はいらっしゃいませんか。
多くの方は打ち合わせのことまでしっかり考えていらっしゃらないと思います。
この記事では、注文住宅の打ち合わせの流れについて詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

 

□打ち合わせの流れについて紹介!

注文住宅を購入する際に打ち合わせを重要視している方は少ないのではないでしょうか。
しかし、打ち合わせのことについて知っておくことで、話がスムーズになりますし、不安も解消されることが多いでしょう。

そこでまずは、打ち合わせの回数と期間について見ていきましょう。
打ち合わせの回数は、少ない人で10回以上、多い人で20回以上となっています。
人によってさまざまですが、設計の修正や再考を何度も行うと必然的に回数は増えてきますよね。
打ち合わせの期間は、10回程度打ち合わせをする人で2〜3カ月かかるでしょう。
多い人では、半年ほどの期間を要するので、時間に余裕を持って購入について考えると良いでしょう。

ここからは購入時の打ち合わせの流れを見ていきましょう。
打ち合わせの流れとしては4つの流れがあります。

1つ目は、資金計画です。
資金計画の打ち合わせは、設計する前と契約前に行います。
銀行で行う場合は、1回目は説明、2回目は書類提出という流れが一般的になっており、担当者としっかり確認をする必要があるところなので注意しましょう。

2つ目は、間取りの打ち合わせです。
間取りの打ち合わせは、設計会社や住宅会社で行います。
担当者だけが参加するのではなく、設計士が同席する場合が多々あります。
間取りは1回で決めるのが難しいので、複数回の話し合いが行われるでしょう。

3つ目は、仕上げの打ち合わせです。
仕上げの打ち合わせは建築中に行い、一般的に2〜4回程度行います。
建築中にその場で見ながら話し合った方が分かりやすい部分では、建築しながら話し合うことがあります。
現場で建築中に話せる機会なので、要望はしっかりと伝えるようにしましょう。

最後は、支払いです。
支払いに向けた打ち合わせは、住宅会社または銀行のブースで行います。
完成してから入居するまでに行う打ち合わせとなっています。
住宅ローンの契約や銀行へ支払う諸経費の確認、支払いを行うので、費用のことは念入りに確認するようにしましょう。

□注文住宅における打ち合わせの注意点について

流れは掴めても何を注意する必要があるのかはわからないと思います。
そこで、注文住宅の打ち合わせで重要な注意点が2つあるので見ていきましょう。

1つ目は、住宅ローンの事前審査は早めに終わらせることです。
ローン審査をあらかじめしておくことは非常に大切です。
具体的な例として、家づくりができると思った矢先にローンが通らず、購入できなくなったというケースもあります。
ハウスメーカーを決定する前に仮審査できるかどうかはローン会社によりますが、早く終わらせておくことで安心して購入できるので、早めに済ませるようにしましょう。

2つ目は、予算の上限金額を決めておくことです。
注文住宅はオプションなどで費用が大きく変動します。
そこで前もって予算の上限金額は決めておきましょう。
注文住宅の購入にあたって最もトラブルが起きやすいのは購入費についてです。
はじめから予算を決めておくことでトラブルも回避できますし、使えるお金もわかりやすくなるので一石二鳥でしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の打ち合わせの流れについて詳しく解説しました。
注文住宅の打ち合わせでどのようなことを話し合うのか理解できたと思います。
どのようなことを話すのかあらかじめ知っておくと話もしやすくなりますし、不安なところも少なくなるでしょう。
わからないことや質問があればぜひ当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ