窓ってどう選んだらいいの?注文住宅の業者が解説します

注文住宅をお考えの方で窓の選び方に困っている方はいらっしゃいませんか。
窓にはたくさんの種類があり、何を基準にして選べば良いのか分からない方も多いかと思われます。
そこで今回は、窓を選ぶポイントについてご紹介します。

□窓の選び方

たくさんの種類の窓がある中で、何を基準にして選べば良いのでしょうか。
まず考えるべきは、窓を作る目的です。

多くの方は窓を作る目的など考えずに窓を付けているのではないでしょうか。
実は、窓の作る目的を考えることで、どの場所にどんな窓があれば良いのかが分かってきます。

窓を作る目的は大きく分けて2つあり、1つ目は明かりをとることです。
家が全て壁だと明かりが入ってこないので、窓を付けて家の中でも明るい状態を保っています。

明かりの入り方は、方角や建物の位置、隣接建物や周辺環境によって変わってくるでしょう。
そのため、窓を付ける部屋の周辺の環境や方角で窓の種類や大きさを決めると良いでしょう。
例えば、南側には大きな窓を付けたり、天窓は一番明るくなりやすかったりするので、小さめのサイズを付けるといった方向性を定めやすくなります。

2つ目は、換気の役割が窓にはあります。
風通しの良い家を作るポイントとしては、例えば一部屋の窓の配置は対面、対角にして風が通るようにすると良いでしょう。
また、窓に高低差をつけてあげると、暑い空気が下から上へ流れていくため、吹き抜けを作りたい方は高低差を意識しましょう。

目的以外に選ぶポイントとしては、見た目や部屋の役割で選ぶことが挙げられます。
外から見て、どんな見た目であれば良いのかを考えながら窓の種類や大きさを決めていきます。
例えば、縦長、横長、正方形といったさまざまな形の窓を一緒に並べると見栄えが悪くなることがあるので気をつけましょう。
また、FIX窓や縦すべり窓、横すべり窓のようにフレームがあまり出ないものはスッキリとした見た目になるので、あまり窓を目立たたせたくない場合にはおすすめでしょう。

部屋の役割に関しては、例えばリビングには大きな窓が良いことや物干し部屋は換気しやすい窓が良いことが挙げられます。
部屋の役割を考えて、適切な窓を選べると後悔しないで済むでしょう。

□窓でよくある失敗とは

ここからはよくある窓の失敗を知っていただき、未然にその失敗を防げるようにしましょう。
まず、窓の設置場所を間違えて失敗することが挙げられます。
窓の設置場所を間違えることで生じるデメリットとして日当たりが良くないことや家具が置けないことがあります。
太陽の向きや角度を計算せずに窓を設置してしまうと、日中なのに全然日差しが入ってこなかったり、逆に光を取り込み過ぎて暑すぎたりする可能性があるので気をつけましょう。

窓の近くに家具は置けないことを知っておきましょう。
理由としては、窓は外への出入りや開け閉めするためにあるからです。
家具が置けないという事態を避けるためにも、どの場所に家具を置きたいのかを事前に考えて窓の位置を決めると良いでしょう。

次に、窓の数を考えずに失敗することが挙げられます。
窓はたくさん設置すれば良いという訳ではありません。
設置する数を増やすことは、メリットもデメリットも存在します。

メリットとしては、外が見えて開放的な気分になることや明るい室内になることが挙げられるでしょう。
一方でデメリットとしては、外から見える範囲が広くなり、防犯面やプライバシー面での不安が増えることやカーテンの必要数が増え掃除が大変になることが挙げられます。
デメリットの部分も考慮に入れたうえで、窓の数を決める必要があることを覚えておいてください。

□まとめ

今回は、窓を選ぶポイントについてご紹介しました。
窓は日当たりや風通しを良くしてくれるため、どの位置に付けるかはとても重要です。
窓の選び方に困った際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ