注文住宅でクローゼットを設置する際に意識しておくべきポイントをご紹介します

注文住宅をお考えの方でクローゼットの設置場所に困っている方はいらっしゃいませんか。
収納できる場所さえあればいいので、あまり設置場所を意識しないという方も多いかと思われます。
たくさんの種類がある中で今回は、人気のウォ―クインクローゼットを中心に、設置する際に意識しておくべきポイントをご紹介します。

□ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

ウォークインクローゼットとは、歩いて入れるクローゼットのことで、最近では賃貸でも見られるほど一般的になってきました。
では、ウォークインクローゼットのことをあまり知らない方に設置するメリットやデメリットをお話していこうと思います。

*ウォークインクローゼットのメリット

まず、メリットとして挙げられるのは、収納できる量が増えることです。
3、4人家族だと扱う衣服の量も多く収納スペースに困る方もいらっしゃるでしょう。
そして収納スペースが狭ければ、いくつかに収納箇所を分けて衣服を収納するか、部屋に衣服を出しっぱなしで置いておく方が多いでしょう。
そんな悩みを解決してくれるのがウォークインクローゼットです。

収納スペースが広いため、季節外の衣類やスーツケースなども全てまとめて収納できます。
また、どこにしまったか分からなくなったり、物を探したりする手間も省けるでしょう。

次に、収納力がアップすることで部屋がすっきり片付きます。
収納を工夫するのにも限界があり、見た目をキレイにすることはできても、物理的に物がいっぱいになることもあるでしょう。
クローゼットに全て収納できるとなると、扉さえ閉めて置けば、部屋に物が多いという感覚はなくなります。
部屋がすっきりすれば、空いた空間を自由に利用できるため、できるだけ部屋に物を置かないことは大切です。

*ウォークインクローゼットのデメリット

デメリットとしては、一般的なクローゼットよりも費用がかかることが挙げられます。
さらに、収納スペースが広いことによって照明や換気の設備も必要になります。
しかし、収納スペースの確保は、家に住む以上一生つきまとう課題でもあります。
家を建ててから収納スペースが足りずに、欲しい物が買えないという事態にならないよう、なるべく収納スペースは多めに作っておきましょう。

また、ウォークインクローゼットは収納スペースが広い分、デッドスペースも生まれやすいのが特徴でしょう。
使い方を誤るとデッドスペースばかりで、逆に収納力が低くなることもあります。
スペースを上手に活用するためにも、形や収納棚、収納家具の設置場所にはこだわりましょう。

□クローゼットを作る際に意識しておくべきポイントとは

まずはクローゼットを作る際も、部屋の間取りと同じく動線を考えて配置しましょう。
寝室にクローゼットを配置し、その場所が服を着替えるところだと考えてください。
しかし、仕事で疲れた後の場合だと、寝室に行く前にリビングで着替えるパターンもありませんか。
この場合でも対応できるように玄関のすぐ近くにクローゼットを配置するといった形で具体的に生活しているイメージを膨らましていくと、どこに設置すれば良いか見つけやすいでしょう。

次に、どんな広さや形のクローゼットを設置すれば良いのかに関してですが、今回はウォークインクローゼットを例にご紹介していきたいと思います。
まず、広さに関してですが、家族の人数が2人なら2畳、3~4人なら3畳が目安でしょう。
形に関しては間取りに合わせて、4種類あります。

一型は壁の一面のみが収納になっている形のことで、二型は壁の両面が収納になっています。
コの字型は、壁2面が収納になっているため、収納できる量が多いのが魅力でしょう。
二型にするには少し狭い場合におすすめなのが、L字型のクローゼットです。
L字型やコの字型は直角になっている分、デッドスペースが生まれやすいため、そこは気をつけましょう。

□まとめ

今回は、ウォークインクローゼットを中心に設置する際に意識しておくべきポイントをご紹介しました。
クローゼットは、住宅の間取りに合わせた形や動線を意識して配置を決めるのが良いでしょう。
家の収納スペースを最大限活用できるよう、使いやすいクローゼットづくりを目指してください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ