注文住宅を建てる前に知っておきたい!土地選びのポイントをご紹介します

注文住宅をお考えの方で土地探しに困っている方はいらっしゃいませんか。
どのように土地を選べばよいのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい土地選びのポイントについてご紹介します。

□土地探しの手順とは

希望の土地がなかなか見つからず、土地探しに多くの時間と労力を費やしてしまう方もいらっしゃるでしょう。
今回は、土地探しで少しでも時間や労力が軽減できるような方法をご紹介します。

まず、土地探しの前に、資金計画を立てましょう。
資金計画は、土地取得にかけられる予算と総予算を大まかに把握します。
希望の土地が見つかったとしても、予算を決めていないと選ぶ際に購入してよいのか迷ってしまいます。

土地取得費を出すには、建築費と総予算が分かっている必要があります。
総予算を決める際は、現在の資産だけでなく、住宅ローンの借入や今後想定される年収を考慮に入れて考えましょう。
総予算が決まれば、あとはどのくらい建築費にかけたいのかを決めて、残ったのが土地取得にかけられる予算となります。

また、土地の価格以外にもかかる費用があることを知っておいてください。
例えば、不動産会社の仲介で土地を購入する場合、仲介手数料がとられてしまいます。
よって、予想外の費用にも対応できるような資産計画が重要ですよね。

土地探しを始める際は、自分の土地の希望条件を整理しましょう。
希望する条件は、エリア、土地の大きさ、土地の形状や環境などさまざまです。

自分が住みたい家や周辺環境の理想を書き出し、優先順位をつけましょう。
このとき、エリアを絞りすぎると希望の土地が見つからない可能性があるため、候補を3つほど出しておきましょう。

希望の条件が整理できたら、後は予算内で土地を選べば問題ありません。
ここで、予算内に収めるコツとして、条件が悪い土地でも、建物の設計で解決できることを知っておいてください。

例えば、一般的に南道路は人気ですが、これは日当たりが良いため希望されている方が多いのでしょう。
しかし、建物の配置や部屋のゾーニングをうまく利用すれば、北道路でも日当たりの良い家ができるでしょう。

□土地選びのポイントとは

土地を選ぶ際にまず大事なのが、土地周辺の環境をチェックしておくことです。
よくある事例として、駅から徒歩5分とデータ上には書いてあるのに、実際に歩いてみると5分以上かかる場合があります。
ネットや資料に書いてあるデータはあくまで参考程度にとどめておき、実際に足を運んでどのくらいかかるのか確認しておきましょう。

また、周辺の環境や雰囲気によって、想定していた設計の住宅だと目立つ場合もあるので、一度周辺の状況を確認しておくことをおすすめします。
次に、隣の土地の状況や日当たりをチェックしておきましょう。
周辺の土地にどのくらいの大きさの建物が建っているのかによって、間取りの配置は変わってきます。

どんな間取りであれば、日当たりや風通しが良好であるかは知っておくと良いでしょう。
また、隣が空き地の場合もあると思います。
その際は、隣の土地に建設予定の建物があるかを調べ、予測しながら日当たりをチェックしましょう。

最後に、土地選びに重要な要素として、土地に接している道路が挙げられます。
例えば、土地に接している道路の幅が2メートル未満の場合、その土地には建物が建てられません。
確認する際は、道路の大きさだけでなく、公道や私道といったどういう道路とされているのかも調べておきましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる前に知っておきたい土地選びのポイントについてご紹介しました。
土地を選ぶ際は、周辺の環境や土地の状況を自分の足で下見することが大事です。
土地選びに迷われた際はこの記事を参考にしてみてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ