吹き抜けでよくある失敗とは?注文住宅の業者が解説します!

注文住宅をお考えの方で吹き抜けを付けようか迷われている方はいらっしゃいませんか。
吹き抜けはメリットもたくさんありますが、デメリットの部分に目を向けずに後悔したという方もいらっしゃいます。
そこで今回は、吹き抜けでよくある失敗についてご紹介します。

□吹き抜けのデメリットとは

まずは、吹き抜けによくある失敗をデメリットの観点からご説明しようと思います。
デメリットを知らずに吹き抜けを作ってしまい、あとで後悔することが無いよう事前に確認しておきましょう。

吹き抜けのデメリットとして、まずは冷暖房の効率が下がりやすいことが挙げられます。
吹き抜けを作ると部屋の中の体積が増えるので、冷暖房の効率は下がります。
吹き抜けに窓を設けた場合は、太陽の光が直接入って来るので部屋は明るくなるものの、温度も上昇します。

吹き抜けを作ると冬が寒いと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、寒いかどうかは家の性能に左右される部分が多いため、吹き抜けを作る際は断熱性能が高い家を建てた方が良いでしょう。

次に、吹き抜けを設置することで、2階のスペースが狭くなります。
吹き抜けは本来部屋になるはずの部分に作られるので、それを知らずに設置してしまい、収納スペースに困ったという事例もあります。
家族の人数が多い場合や、部屋をたくさん作る必要がある場合は、吹き抜けを作る際に気をつけましょう。

また、メンテナンスに手間がかかることもデメリットとして挙げられます。
吹き抜けは天井が高いところに設置されるので、掃除や部品の取り換えをする際に通常よりも時間や労力がかかることが多いでしょう。

中には、自分たちだけでやると危険な業務もあり、専門業社に依頼してやってもらう場合もあります。

最後に、音が2階に聞こえやすいというデメリットがあります。
1階と2階が吹き抜けでつながっている場合、1階の音が2階までそのまま響くようになります。
特に寝室は音がうるさいと家族で問題になる可能性もあるので、注意しましょう。

□失敗を防ぐ方法とは

まず、寒さ対策についてですが、全館空調を採用したり、床暖房を採用したりといったことが挙げられます。
全館空調とは、住まい全体の空調を一括で管理できるシステムのことです。

全館空調にすれば、各部屋にエアコンを設置する必要がないため、壁や天井がスッキリし空間が広く感じるでしょう。
床暖房は、足元を温めてくれるため、冬でもスリッパが要らず、裸足でも快適に過ごせます。

また、空間全体に空調を行き渡らせるために、天井にシーリングファンを付けるのもよいでしょう。
シーリングファンを回すことで空気が循環され、空気の流れを変えてくれます。

次に、メンテナンスの大変さですが、ポイントとしてはお手入れの回数を減らすことです。
おすすめの方法として、吹き抜けの電球をLEDにすることが挙げられます。

LED電球は、電球交換の手間が減るだけでなく、消費電力が少なく電気代が安くなるという特徴も持っているため、吹き抜けを付ける際は、LED電球にするのが良いでしょう。

最後に、音が響きやすいことの対策としては、遮音カーテンがおすすめです。
吹き抜けの防音対策は、事前に吹き抜けの防音に対応したプランで設計するか、後から防音対策をするかのどちらかが挙げられます。

遮音カーテンは音を遮る効果があるだけでなく、空気の流れも遮ってくれます。
遮音カーテンは種類が少ないため、カーテンに強いこだわりがある方は難しいですが、そうでない方は付けた方が良いでしょう。

□まとめ

今回は、吹き抜けでよくある失敗についてご紹介しました。
吹き抜けはうまく利用すれば、おしゃれな空間が実現できるため、設置したい方は多いのではないでしょうか。

デメリットを理解したうえで吹き抜けを設置していただき、後悔しない住宅づくりを目指してください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ