注文住宅をお考えの方におすすめの床材をご紹介します

注文住宅をお考えの方で床材をどう選んだら良いか分からないという方はいらっしゃいませんか。
床材は、家の雰囲気を決める重要な要素です。
あまり考えずに選んでしまい、住んでみてから後悔することは避けたいでしょう。
そこで今回は、あなたに合うおすすめの床材をご紹介します。

□床材の種類について

床材を選ぶ前に、そもそもどのような種類の床材があるのか気になる方もいらっしゃるかと思いますので、順番にご紹介していきます。

*木材について

住宅で一番利用されているのが、この床材でしょう。
そして、フローリングには2種類あります。

まずは、複合フローリングに関してですが、床材が2層以上になっているものを指します。
合板をベースに薄く表面材を貼ったものが多いのが特徴で、表面材の素材としては、薄くカットした木材や木目調がプリントされたシールのようなシートがあります。
シールだとリアリティがないのではないかと思われた方もいらっしゃるかと思いますが心配ありません。
近年の印刷技術はとても発達しているので、本物の木のような風合いに仕上がります。

次に、無垢フローリングに関してですが、層が一つで構成されています。
無垢フローリングは木をそのまま使用しているので、年を経るにつれて色合いや木目の変化を楽しめるのが魅力でしょう。
また、部屋の湿度によっては空気中の水分を吸放出し、一定に保つ調湿作用もあります。

*タイルについて

タイルは硬い素材なので、一般的には玄関や土間向きに使われます。
ひんやりした感触があるのも特徴なので、素足で触れるスペースに設置する方はあまりいませんが、中には家の雰囲気を変えるために設置する方もいらっしゃいます。
例えば、キッチンの床をタイルに変えるだけで部屋の雰囲気は一気に変わります。
タイルは水に強いため、掃除する際に、水を使ってデッキブラシで磨けるでしょう。

*クッションフロアについて

クッションフロアは、防水性が高く汚れが拭き取りやすいのがメリットでしょう。
また、施工が簡単なので費用も安く済みます。
しかし、素材がビニールなので少し安っぽく見えてしまうことやシミができた場合に汚れが落ちにくいことがあります。
安っぽさが気になる方は、高級感のある大理石柄を選ぶなど工夫すれば、見た目が安っぽいという懸念も消えるでしょう。

□床材の選ぶ方とは

床材を選ぶ際に、大事なことは自分の目的がなにかを明確にすることです。
ここからは、よくある目的に沿っておすすめの床材を紹介していきます。

まず、素材にこだわり方や木の質感を大事にしたい方は無垢フローリングがおすすめです。
無垢フローリングには、杉やヒノキといったさまざまな素材があるため、自分の好みの床材が選びやすいでしょう。
肌触りの良い木材や芳香を楽しめる木材など素材の味わいが楽しめます。

また、安心安全の室内環境を作りたい方にも無垢フローリングがおすすめです。
無垢フローリングは、接着剤を使用しないので、シックハウス症候群の要因と考えられるVOCを含みません。
そのため、他の床材よりは安心して使用できます。

次に、メンテナンスを楽にしたい方や建築コストを抑えたい方には、複合フローリングを選ぶと良いでしょう。
複合フローリングやクッションフロアは基本的に特別なメンテナンスを必要としないため、修繕の手間を省きたい方にはおすすめです。
さらに、複合フローリングであれば、工事の手間もそこまでかからないので、建築コストも抑えられます。

また、コストも抑えたいけれど、無垢フローリングの雰囲気も楽しみたいという方もいらっしゃるかと思われます。
その方は、挽き板フローリングを選ぶと良いでしょう。
少しコストは上がりますが、無垢材に似た雰囲気を楽しめます。

□まとめ

今回は、あなたに合うおすすめの床材をご紹介しました。
床材の種類が多くて困ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
床材は、自分の目的から逆算して選ぶと失敗する確率が減るでしょう。
床材の選び方に困った際は、ぜひこの記事を参考にしてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ