注文住宅を検討中の方へ!キッチンの間取りについてご紹介します

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
生活するうえで必要不可欠なキッチンの間取りをどうするかは迷う方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、キッチンの間取りについてご紹介します。

□キッチンの間取りの考え方とは

キッチンの間取りを考えるうえで大切なのは、キッチンをクローズドタイプにするかオープンタイプにするかということです。
どちらのタイプにもメリットやデメリットが存在しているので、順に紹介していきます。

まずクローズドタイプのキッチンですが、特徴としてキッチンの中の様子が他の部屋から見えないことが挙げられます。
そのため、料理に集中できたり、中が汚くても目につかなかったりといったメリットがあるでしょう。
また、見えないだけでなく、ニオイや音も他の部屋に影響しにくいため、周りに迷惑をかけることなく料理ができます。

デメリットとしては、家族で食卓を囲むダイニングとは別々の空間になるため、食べ終わった後の食器の片付けが面倒なことが挙げられます。
大人数で食卓を囲む機会が多い家庭にはクローズドタイプは不向きと言って良いでしょう。

次にオープンタイプのキッチンですが、ダイニングやリビングと空間がつながっているため開放感があり、食べ終わった後の片付けもスムーズに行えます。
また、主婦にとって一人で料理している時間は寂しいものです。
オープンタイプのキッチンであれば、テレビを見ながら、または家族や子どもと会話しながら作業ができます。
家族や子どもが何をしているか確認しながら料理をしたい方にとってはオープンタイプがおすすめでしょう。

デメリットとしては、他の部屋から今何をしているのか丸見えであることが挙げられます。
また、開放感があるため、ニオイや音も他の部屋に影響する可能性があります。

□キッチンの間取りで後悔しないためのポイントとは

ここからは、キッチンの間取りを考えるうえで、見落としがちなポイントを紹介します。

まずは、コンセントの数で失敗してしまうことです。
キッチンは、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器のような家電製品をたくさん設置するかと思います。
さらに、新しい便利な家電を見つけてしまったら買ってしまい、いつの間にか家電が増えていたということも多いですよね。

家電が増えるということはそれだけコンセントが必要になります。
住む前に想定していた家電の数よりも多くの家電を持つことを考慮に入れて、コンセントを設けることが大切でしょう。

次に、家事動線をしっかり考えずにパントリーを配置した結果、使いにくく無駄なスペースになったという事例がよくあります。
パントリーとは、食器や食品類を蓄える収納場所のようなものです。
棚を固定化したり、パントリーを家の一番奥に設けたりすることで家事動線が長くなり、荷物の出し入れがしづらくなってしまうと、生活にストレスが生じます。
キッチンは毎日使用する方が多いと思われるので、間取りを考える際は家事動線を意識しましょう。

また、換気扇の位置にも注意が必要です。
注文住宅でキッチンの形や大きさを考える方は多いと思われますが、換気扇の位置をしっかり考える方は少ないのではないでしょうか。
換気扇は屋外と直接繋がる場所であるため、下手な場所に設置すると隣家のリビングや寝室にニオイや油汚れが流れるかもしれません。
近所とトラブルが起きることを避けるためにも、換気扇の位置には慎重になりましょう。

□まとめ

今回は、キッチンの間取りについてご紹介しました。
キッチンの間取りを考える際は、ご自身の生活スタイルに合うキッチンを選びましょう。
コンセントや換気扇は間取りを考える際に忘れられやすいので気をつけましょう。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ