マイホームは何を基準に作る?間取りの考え方をお伝えします!

マイホームを建てることは、人生で何度も行うことではありません。
そのため、分からないこともたくさんありますよね。
特に注文住宅では間取りが自由に決められるため、どのように決めれば良いかわからない方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、間取りを決める際に行うべきことについて解説します。

□間取りを決める際には条件整理が不可欠!

注文住宅は、間取りを1から決められる自由度がとても魅力的です。
しかし、自由度が高すぎるために、決め方に困ってしまうことも多いでしょう。
そのような中で、間取り決めに失敗しないためには、条件を整理することが大切です。
家族が普段どのように生活を送っているかを考えて、要望や希望条件を書き出してみましょう。

「毎朝洗面所を使うタイミングが家族で重なるから、2人同時に洗面台を使えるようにしたい。」
「在宅ワークを行うようになったため、仕事に集中できる書斎がほしい。」
「大きな収納スペースが必要なため、ウォークインクローゼットを取り入れたい。」

このような希望が出てくると思います。
家族それぞれ望んでいることが異なる可能性があるため、まずは家族全員に希望条件を出してもらうと良いです。
たくさんの希望を書き出していき、全て書き出せたら優先順位を付けましょう。

全ての条件を満たした住宅を建てることが理想ですが、希望をつめ込みすぎると建築費用が予算を超えてしまう場合があります。
そのため。優先順位を決めることも重要なのです。
また、優先順位を決める際には、絶対に譲れない最低条件も決めておくことをおすすめします。
せっかくマイホームを建てるなら、後悔しないためにも必ず実現したいポイントは把握しておきましょう。

家族が希望する条件の優先順位が決まったら、家を建てるプロと相談しながら間取り決めを行うことをおすすめします。
その理由は、住宅を建てる土地によって、どれくらいの大きさの住宅が建てられるかが異なるからです。
家全体の広さが分からないと、部屋の数やぞれぞれの部屋の広さが決められないため、確認するようにしましょう。

□実生活をイメージできていないと失敗する?

注文住宅における間取り決めで失敗したという事例はたくさんあります。
それらの事例を見てみると、実生活をリアルに想像することが大切であると言えるでしょう。
以下では、よく見られる失敗例を2つご紹介します。

1つ目の失敗例は、収納が足りなくなることです。
新しい住宅で生活を始める際は、新しい家具やインテリアを揃える方も多いため、それまでの生活を基準に考えると収納が不足する場合があります。
またお子さまがいらっしゃる場合は、子供の成長に伴ってものが増えていくため注意しましょう。
このように、実際に暮らし始めるとどのくらいの荷物を収納する必要があるのかを、イメージすることが大切です。

2つ目の失敗例は、住宅内に広い空間を作ったために冷暖房が効きにくくなることです。
大きな空間としては、広いリビングダイニングや吹き抜けが挙げられるでしょう。
吹き抜けを設けると開放感が生まれるため、憧れを持つ方も多くいらっしゃいます。

しかし、大きい空間では冷暖房が効きにくく、快適に過ごせない可能性もあります。
そのため広いリビングダイニングや吹き抜けを設ける際には、どのような冷暖房設備を設けるかも同時に考えると良いでしょう。

2つの失敗例をご紹介しましたが、どちらも実際に生活する際のイメージができていないことが失敗の原因だと言えます。
そのため、間取りを決める際は、憧れや理想だけで決めるのではなく、生活する上でどのようなことが起こりそうかしっかりイメージしましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の間取り決めについて解説しました。
自由度が高いため迷うこともあると思いますが、失敗を防ぐためにも希望条件の優先順位を把握するようにしましょう。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ