注文住宅はランニングコストが大事?住宅費用の抑え方をご紹介します!

「ランニングコストと呼ばれる費用にはどのようなものが含まれるのか知りたい。」
「家を建ててからの維持費ってどれくらいかかるのだろう。」
このように、注文住宅を建ててからの費用について疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、住宅にかかるランニングコストについて解説します。

□住宅は建てた後にも費用がかかる!

マイホームは建てたら終わりではなく、長い期間付き合っていくものです。
その期間、暮らしを維持するために費用がかかります。
家を建てる費用が抑えられたとしても、ランニングコストが高額になってしまうと困りますよね。
初期費用とランニングコストの両方を抑えるためには、家を建てる前からランニングコストについても考えることが大切です。

具体的には、快適な暮らしを維持するためにかかる費用を抑えられるプランを選択することが重要です。
そのようなプランを選択すると、家を建てる時の費用は比較的高額になってしまうかもしれません。
しかし、ランニングコストが継続的に抑えられれば、長期的にかかる費用も抑えられるでしょう。

ランニングコストには、電気や水道、ガスなどの光熱費が含まれます。
また、建物をより良い状態に保つためにかかるメンテナンス費用も、ランニングコストに含まれます。
それぞれの項目にかかる費用について考えることで、ランニングコストを抑えられます。

□ランニングコストが抑えられる住宅の特徴をご紹介!

上記では、マイホームに住む上で長期的にかかる費用を抑えるためには、ランニングコストが抑えられるプランを選ぶことが大切だとご紹介しました。
しかし、どのようなプランが良いかわからない方もいらっしゃると思います。
そこで以下では、ランニングコストが節約できる住宅の特徴について解説します。

*省エネ住宅「ZEH」

ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを略したものです。
3つの機能を備えている、エネルギー消費が少ない住宅として知られています。

1つ目の機能は、高気密・高断熱構造です。
外気の温度の影響を受けにくくすることで、夏は涼しく冬は冷えにくい住宅になります。
冷暖房の使用を少なくできるため、生活を送るためにかかる光熱費が抑えられるでしょう。

2つ目の機能は、省エネです。
具体的には、エネルギー消費の少ない設備を取り入れることで、省エネを実現します。
照明やエアコンを選ぶときに、エネルギー消費が少ない製品を選ぶことで、電気代などが抑えられるでしょう。
これらの設備は、生活する上で必ず使用するものであるため、何を選ぶかがとても重要です。

3つ目は、創エネと呼ばれる機能です。
これはエネルギーを創り出すという意味で、太陽光発電システムなどを取り入れます。

これらの3つの機能を兼ね備えていれば、ZEHの住宅として認められます。
それぞれの項目で、満たすべき条件が国によって細かく指定されており、全てを満たすことで補助金が利用できる場合もあることを覚えておきましょう。

*自然を最大限に活用するパッシブデザイン

パッシブデザインとは、自然条件を生活の中で最大限に活用できるように考えられたデザインです。
例えば、冬場には太陽光を部屋の中に効率良く取り入れることで、部屋を温めるといった工夫があります。
このデザインの住宅では、太陽光や風の流れを利用し快適に生活できるでしょう。

パッシブデザインは、住宅を建てる場所や周辺環境によって対応が大きく異なります。
そのため、パッシブデザインを取り入れたい場合は、施工会社に相談することをおすすめします。

*メンテナンスを楽にする耐久性

ランニングコストには、住宅を維持するための点検やメンテナンスにかかる費用も含まれます。
そのため、耐久性を高めて、メンテナンスが楽に行える住宅にすることで費用が抑えられます。

注文住宅の耐久性を高める際に、基準となるのが「長期優良住宅」です。
長期優良住宅は、国によって定められている構造などの基準を満たす必要があるため、注意しましょう。
基準を満たすものは自治体から認定を受けられるため、安心できます。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際のランニングコストについてご紹介しました。
長期的にかかる費用を抑えるためにも、ランニングコストを節約できる住宅を建てることを検討してみてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ