柏市に在住の方へ!注文住宅のコストダウン方法をご紹介します!

注文住宅を建てる際に、コストダウンの方法について知りたい方は多くいらっしゃると思います。
コストダウンの方法について知らずに、余分な建築費用を支払って後悔するのはいやですよね。
この記事では注文住宅を建てる際のコストダウン方法について解説していきます。

□シンプル設計、水回り、素材選びなどを工夫することでコストダウンできる

注文住宅のコストダウン方法は3つあります。
それぞれ順に見ていきましょう。

*シンプルな設計にする

シンプルな外観

コストダウン方法1つ目は、シンプルな設計にすることです。
住宅の費用を抑えるためには、できるだけ建築物の凹凸や装飾を少なくしましょう。

時には、建築面積を減らすこともご提案させていただくこともあります。
大きな土地があったとしても、土地いっぱいに住宅を建設する必要はありません。
住宅を広く作りたいという希望は誰しもがあると思いますが、
実際に住み始めた時に使わない部屋があっては意味がありません。
どれくらいの家の広さがあれば十分か検討したうえで、広さを決定しましょう。
建築物が建つ面積を減らすと、建築費用を抑えられるだけでなく、空いたスペースに庭を設えることもできます。

次に、建物の形に気を付けましょう。
建物の形はできるだけシンプルにするとコストダウンできます。
同じ面積の住宅であっても、屋根や外壁などをシンプルにすることで、費用は大きく異なります。
特に、コーナー部分は建材の単価が高い傾向があるため、複雑な装飾や構造の物は避けると良いでしょう。

最後に、間取りの数も減らしてみましょう。
子供部屋や寝室、リビング、物置部屋など沢山部屋は欲しくなりますよね。
しかし、部屋を増やせばその分費用は増加します。
また、区切りが多すぎると部屋全体の開放感も失われてしまいます。

部屋数を減らすことで、風通しが良くなったり、光が入りやすくなったりするメリットもありますので、間取りを考える際には部屋数を減らすことを検討してみましょう。

*水回りの配置を工夫すればコストダウンできる

コストダウン方法2つ目は、水回りの位置を工夫することです。
風呂場や、洗面台、トイレ、キッチンなど水回りを設計する際には1か所にまとめると良いでしょう。
水回りを近くに集めることで、配管工事や設備設置費用を抑えられます。
風呂場の場合は、給水機からの距離が近くなるため、ガス代の節約にも繋がります。

さらに、水回りが近いとトラブルが起こった際にも対処が簡単に行えます。
家中に排水管が張り巡らされていると、トラブルが生じた際に、壁や床に穴をあけることになるでしょう。
水回りを集中させておけば、排水管が1か所にまとまるため、すぐに原因を特定できます。

*集中収納できるウォークインクローゼットを作る

コストダウン方法3つ目は、ウォークインクローゼットです。
部屋ごとに収納棚を設置する場合と、ウォークインクローゼットを作る場合では、後者の方がコストダウンできます。

ウォークインクローゼットは扉が何枚も必要ありませんし、内部もシンプルな構造で作れます。
小さな収納を部屋にいくつも用意するよりも、大きな収納部屋を用意することで、荷物の片付けも簡単になるでしょう。

特にゴルフバッグや登山グッズ、スキーセットなど普段使用しない大きな物を小さな収納に入れると、圧迫感が強く、普段の使い勝手も悪くなってしまいます。
ウォークインクローゼットのように、大きな収納部屋があることで、こういった荷物も簡単に片付けられるため、間取りを作る際には検討すると良いでしょう。

□まとめ

注文住宅を建てる際のコストダウン方法について知っていただけたでしょうか。
住宅はとても高価な買い物です。
ご自身のこだわりたいポイントに、費用をかけるためにもコストダウン方法は覚えておくと良いでしょう。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ