柏市の方に注文住宅で中庭を作る際の上手な活用法をご紹介します!

中庭とはどのようなものなのでしょうか。
注文住宅で家を建てる際に中庭を作ろうと考えている方は多いと思います。
そのため、中庭を上手に活用する方法を知りたいですよね。
では、具体的に中庭を活用する方法を見ていきましょう。

□中庭の種類にはコ型、ロ型、L型がある

そもそも中庭にはどの様な種類があるのでしょうか。
中庭には3つの形があります。
それぞれ順に見ていきましょう。

1つ目の形は、コの字型です。
この形は、中庭を三方向から建物で囲むスタイルです。
この庭の特徴は、中庭と隣接する建物それぞれにしっかりと彩光ができ、部屋を明るくできる点です。

この形にする場合には、建物の方角や家の高さによって光が当たらないことがあるため注意しましょう。
建物で囲まれていない部分を、南側に持ってくることで、太陽の光が中庭に集まり周辺の建物も明るくできます。
逆に方角によって、中庭を作ったけれども、全く光が入らないこともあるでしょう。
方角と囲む建物の高さを調節して、活用できる中庭にしましょう。

2つ目の形は、ロの字型です。
この形は、中庭を建物で取り囲んだスタイルです。
ロの字型の特徴は、中庭を中心としてどの部屋にも自由に移動できる点でしょう。
部屋同士を簡単に移動できるため、生活導線が短くなり暮らしやすい住宅にできるでしょう。

3つ目の形は、L字型です。
L字型は、庭と建物が2面のみ接しているスタイルのことです。
この形の特徴は、建物の形がシンプルであるため、間取りの柔軟性が高い点でしょう。
ロの字型やコの字型に比べて、しっかりと彩光ができるため、家を明るくしたい方にはおすすめです。
ただし、通常の庭とあまり変わらないスタイルになるため、プライベート空間を楽しむ庭として利用する場合には、不向きかもしれません。

□中庭の使用事例を4つ紹介

中庭の具体的な活用方法を4つご紹介します。
それぞれ順に見ていきましょう。

*子どもの遊び場として利用する

公園や道路で子どもを遊ばせると、車道に飛び出したり、ボールが飛んで行ったりと心配になる点が多いですよね。
中庭は建物や外壁で囲まれているため、こういった心配が一切必要ありません。
大人の方は家の中から子どもの姿を眺められるため、夏場でも日差しに当たらずお世話ができるでしょう。

さらに、子どもにとっても自由に外に出られる空間は、とても良い遊び場になります。
お子さんがおられる家庭はぜひ中庭を検討すると良いでしょう。

*静けさのある屋外空間にする

ロの字型中庭であれば、四方を建物で囲んでいます。
囲む壁やガラスを防音性の高い物にすることで、喧騒から隔絶された静けさのある空間にできるでしょう。

一日の疲れを癒すティータイムを楽しむ場所にしたり、勉強や読書に集中する場所にしたりするなど、静けさを楽しんでみて下さい。

*セカンドリビングとして利用する

中庭は外から全く見えないプライベート空間です。
椅子や机を中庭に用意すれば、リビングと同様家族が団らんする空間にできるでしょう。

また、人工芝生を敷けば、日中に日向ぼっこをする場所としても利用できます。
外で使える家具や設備を整えて、家族が集まるセカンドリビングを作ってみましょう。

*ホームパーティーを楽しむ

広めの中庭を作れば、ホームパーティーを行えるでしょう。
外からの視線を気にすることなく、太陽の下で料理を食べればピクニック気分を味わえるでしょう。

デッキテラスを設けたり、キッチンを中庭に隣接したりすれば、簡単に料理も運べます。
大人数でパーティーをする際には、中庭を利用してみると良いですね。

□まとめ

中庭は自然を楽しむだけでなく、ホームパーティーやセカンドリビングなどのさまざまな利用方法があります。
この記事を参考に、中庭を使った理想の居住空間を作り上げてみてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ