建築家住宅のメリットとは?柏市の業者が解説します!

「住宅を建てるなら建築家住宅を建てたい」
このように、オシャレで機能的な住宅にしたい方は多いと思います。
そこで今回は「建築家住宅の特徴とメリット」についてご紹介します。

□建築家住宅の3つの特徴をご紹介します

住宅は全て建築士の資格を保有した方によって図案が設計されています。
そのため、全ての住宅が建築士住宅といえそうですよね。
しかし、私たちが特に建築家という言葉を使うときには、以下の3つの特徴がある場合です。
それぞれ順にご紹介してきましょう。

*建物のデザインにこだわっている

建築家住宅は建物のデザインにこだわりがあります。
デザインと聞くと、多くの方が綺麗な外観や派手な内装をイメージされるでしょう。
しかし、ここでいうデザインとは単に見た目のことだけでなく、住宅に住む人のイメージに合わせて、使い勝手や快適さを求める空間のデザインを指します。

この空間デザインこそが、建築家住宅の最大の特徴です。
素材やインテリアなど、見た目のこだわりは、暮らしやすさを実現する1つの要素に過ぎないことを覚えておくと良いでしょう。

*完全に独立した施工

工務店やハウスメーカーに所属している社内建築士の場合は、所属先に合わせて住宅の設計を行います。
そのため、使用する建材や施工方法に制約や偏りがあり、居住者に合わせたデザインが行いにくくなっています。
できるだけ、オーダーメイドで住宅を作りたい方は建築家住宅を選ばれると良いでしょう。

また、外部の方によって施工チェックが行われている会社を選ぶとより安心です。
一般的に、工務店やハウスメーカーで住宅を建てた場合、社内の工事監理者が施工のチェックを行うの場合があります。自社で建てた住宅を自社で監理することになり、チェック機能が十分に働かないことがあります。
第三者機関の確認(インスペクション)が入ることにより、公正・公平な確認作業が行われるため、工事ミスや手抜き工事を未然に防げるでしょう。

*住宅を専門分野として設計している

設計する資格を保有している方であれば、住宅を専門にしていない場合でも図案を作成できます。
しかし、住宅の専門でない方は、使用する建材の種類や費用、住宅に関する法律は十分に認知されていないでしょう。
また、居住者の方がどういった住宅に住みたいのか、要望を聞き出すヒアリングも慣れていません。

特に、注文住宅はさまざまな条件や要素を1人でこなしていくため、住宅の規模に関わらずとても難しい作業になります。
建築家住宅であれば、住宅を専門に扱う建築家がヒアリングから設計まで細かくサポートするため、依頼主の希望が十分にかなえられた住宅を建てられるでしょう。

□建築家住宅のメリット3つご紹介します

建築家住宅のメリットを3つご紹介します。
それぞれ順に見ていきましょう。

メリット1つ目は、施主の要望を丁寧にヒアリングする点です。
住宅は一生で1度の大きな買い物です。
希望の間取りやデザインがあっても、依頼する業者によっては実現できないこともあるでしょう。
しかし、建築家住宅であれば、オーダーメイドで作り上げるため、施主の要望を十分に反映できます。
建築家住宅を依頼する際には、理想の暮らしのイメージを全て伝えると良いでしょう。

メリット2つ目は、費用の透明性が高い点です。
設計の見積もりや工事費用に関して、建築家住宅はとても透明性が高いです。
見積もりに関して施主が疑問に思う場合や分かりづらいと感じる場合には、建築家の方は納得のいくまで説明してくれるでしょう。
設計のみで報酬を得ている職種のため、費用の透明性の管理は大変気を使っています。

メリット3つ目は、第三者視点で工事監理をする点です。
自らが設計した図面に沿って住宅が建てられるため、建築家の方は住宅の耐久性や安全性にとてもシビアです。
工事現場においても業者だけに任せず、第三者目線として入念なチェックを行うでしょう。

□まとめ

今回は「建築家住宅の特徴とメリット」についてご紹介しました。
この記事を参考に、理想の住宅を建築家の方に依頼してみてくださいね。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ