柏市で注文住宅を検討している方へ!断熱の重要さをご紹介します!

高気密、高断熱な住宅とはどのようなものなのでしょうか。
注文住宅を建てる際に快適さや省エネなどさまざまな点を考慮すると思います。
今回は住宅の中でも特に重要な高気密、高断熱についてご紹介します。

□高気密、高断熱な住宅とは何か

高気密、高断熱な住宅とは何なのでしょうか。
それぞれ順にご紹介します。

まずは、高気密な住宅についてご説明します。
従来型の施工方法で作られた木造住宅は、腕が良い大工さんが手掛けたとしても、床や天井、壁、窓枠などの小さな隙間を埋められません。

隙間風が入ってくる程でないにしても、冬になると冷気が入ったり、室内の暖かい空気が逃げたりして、室内の温度が下がってしまいます。
また、夏には逆にその熱気が室内に入り込み、エアコンで冷たい空気は逃げていくでしょう。

これに対して、高気密な住宅は、精度の高い建材や気密テープ、防湿シートを使用して隙間を限りなく少なくしています。
隙間がないため、空気の出入りによる室内温度の変化がありません。

次に、高断熱な住宅についてご説明します。
高気密で空気の出入りがない住宅でも、温度変化への対策は十分ではありません。
外温度は、空気以外にも壁や屋根を通じて室内に影響を及ぼします。
例えば、夏場に壁や屋根が太陽で温められると、その熱気がそのまま住宅に伝わってくるでしょう。
逆に冬場には、冷え切った外壁が室内から熱を奪っていきます。
このように、空気の移動がない場合も、外の環境によって室内の温度が変化します。

こういった問題に対処するために、断熱材を使用しましょう。
断熱材は外壁と内壁の間に入れることで、内外の熱の移動を防ぎます。
高断熱住宅は、こういった対策が十分に行われている物のことで、四季に影響されない室内環境を作り出します。

□高気密高断熱住宅のメリットを4つご紹介します

それでは、具体的に高気密高断熱住宅のメリットを見ていきましょう。
高気密高断熱住宅のメリットは4点あります。
それぞれ順に見ていきましょう。

*家計にやさしい

高気密高断熱住宅は外の温度の影響を受けにくいため、簡単に部屋の温度を調節できます。
エアコンの稼働時間と消費エネルギーが少なくなれば、電気代はかなり安くなりますよね。
住宅には数十年住み続けるため、省エネであることはとても大事です。
昭和55年の住宅と平成28年に建てられた住宅を比べると、35年間の間に約300万円冷暖房費に差がでることが分かっています。

最初に少し初期費用がかかったとしても、長い目で見れば高気密高断熱住宅は家計にやさしいことが分かりますね。

*健康的に過ごせる

近年の研究で住宅の室温変化が体に大きな影響を与えることが分かってきました。
例えば、室温が年間通じて安定している住宅は、居住者の血圧変化が生じにくくなります。
他にも、室温が低い住宅に住んでいる人は、コレステロール値が基準値を超えやすい、心電図の異常所見がある、過活動膀胱という症状を有する人が多い、など健康異常が見られます。

高気密高断熱住宅で室温を安定させることは、居住者の健康を守ることに繋がります。
食事や運動だけでなく、どのような住宅に住んでいるのかも健康に影響しますので、将来の健康のことも考えて住宅作りを行いましょう。

*ヒートショックを防げる

ヒートショックという言葉をご存知でしょうか。
ヒートショックとは気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管にトラブルが生じることを指します。
ヒートショックは冬場に暖房の効いた部屋から脱衣所に移動し、浴槽に入る際に起こります。
断熱、気密対策が行われていない脱衣所や風呂場はとても寒いため、体は寒さに対応するため血圧を上昇させます。
その後、浴槽に入ると、今度は急激に体が温まりますよね。
すると、血圧を急に下げるようになるため、血圧の乱高下が起こります。
この乱高下によってヒートショックは起こってしまいます。
このような事故は、リビング、脱衣所、風呂場などの部屋の温度差をなくすことで防げます。
高気密高断熱住宅の大切さがさらに伝わりましたね。

□まとめ

今回は住宅の中でも特に重要な高気密、高断熱についてご紹介しました。
高気密高断熱住宅は家計にやさしいだけでなく、健康にも良い効果があります。
ぜひこの記事を参考に、高気密高断熱住宅をご検討下さい。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ