使いやすい玄関の間取りは?柏市で注文住宅をお考えの方必見!

「注文住宅を建てるなら、玄関にこだわりたい。」
このように、住宅の顔である玄関は失敗したくない場所ですよね。
そこで今回は「注文住宅で玄関を作る際のポイント」についてご紹介します。

□玄関収納、土間、出入りしやすさが玄関を使いやすくする

玄関の間取りはどの様にすれば良いのでしょうか。
玄関づくりをする際のポイントを3点ご紹介します。

*玄関収納を作るとスッキリとした空間にできる

玄関は靴だけでなく、アウトドア用品や傘立てなど、何かと荷物が集まる場所です。
こういった物が玄関に散見されると、少し印象が悪くなってしまいますよね。
こうならないためには、玄関に収納スペースを設け、目に触れない工夫を施しましょう。

収納スペースは家族の靴の数や入れる予定の荷物の数などを想定したうえで、さらに少し大きめに作っておくと良いでしょう。
子どもが大きくなるにつれて、靴の種類が増えたり、スポーツを始めることで荷物が増えたりと、将来的に収納スペースが必要になる場合があります。

玄関に設置する収納スペースには、床置きタイプやフロートタイプ、トール型などがあります。
フロートタイプは、壁に吊り下げる形で設置する収納箱で、床の掃除が簡単になったり、玄関の圧迫感を減らしたりとメリットがあります。
トール型は壁全面に張り付ける収納箱で、コの字やロの字、二の字などいくつか形があるため、うまく活用すればインテリアとしても利用できるでしょう。

*玄関土間があると便利になる

玄関土間とは、住宅の外と中の中間にあたる空間のことで、床板を利用せず地面のままになった部分のことを指します。
昔の日本の住宅に多く見られた土間ですが、近年その使い勝手の良さや見た目のデザイン性から取り入れる家庭が増えています。

土間を設置すれば、外に出しておきたい自転車やベビーカーなどを保管する場所として利用できるでしょう。
また、腰かける場所を用意することで、靴を履いたまま雑談できるスペースとしても利用できますので、ちょっとした来客がある際には重宝するでしょう。

*玄関の間口は広い方が良い

玄関の間口はある程度広めに作ると良いでしょう。
玄関の間取りを小さくするために、間口を狭くすると、大きな荷物の出し入れやベビーカーや車いすの移動で苦労することになります。

間口を広げることで、太陽の光が玄関に差し込みやすくなり、玄関全体が明るくなったり、カビの予防になったりとメリットも多くあります。
また、玄関に収納箱を設置すると、玄関自体に圧迫感が出てしまうため、間口まで狭いとかなり窮屈な空間になってしまうでしょう。

面積が十分に取れない場合でも、横幅をできるだけ取れる場所に玄関を作り、間口を広げる工夫をしましょう。

□玄関の間取りの失敗事例を2つご紹介

失敗事例から玄関づくりの注意点を学んでみましょう。
ここでは2つの失敗事例をご紹介します。
それぞれ順に見ていきましょう。

失敗事例1つ目は、換気口を付けなかったことです。
玄関収納を作った際に起こる失敗です。
玄関収納には家族の靴が集まります。
換気口を収納箱に設けないと、靴の臭いが充満し、開けるたびに異臭がすることになるでしょう。

また、梅雨の時期の様に湿度が高い季節には、風通しが悪い場所はカビの温床にもなります。
収納箱を作る際には必ず、空気の通り道を作っておきましょう。

失敗事例2つ目は、窓を作らなかったことです。
玄関は長時間過ごす場所でもないため、窓を作らない方もいる様です。
しかし、方向によっては日光が全く当たらない場所に玄関があり、とても暗い空間になることがあるでしょう。

こうした失敗を避けるためには、窓を設置し光を取り込む工夫を行いましょう。
窓を付けることで防犯の心配がある方は、高い位置に設置したり、小さなサイズの物を使用したりするなどして、対策を行うと良いですね。

□まとめ

今回は「注文住宅で玄関を作る際のポイント」についてご紹介しました。
この記事を参考に、後悔しない玄関づくりをしてみてくださいね。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ