柏市の方へ!注文住宅で和室を作る際のこだわりポイントをご紹介!

注文住宅を建てる際に和室を1室は作りたいですよね。
和室はさまざまな用途があるだけでなく、建具や建材によってインテリアも楽しめます。
そこで今回は和室のオシャレな間取りと作る際のポイントについてご紹介します。

□おしゃれな空間を演出する和室の間取り

ここでは和室のオシャレな間取りを3つご紹介します。
それぞれ順に見ていきましょう。

*リビングを拡張するフルオープン和室

和室は、土壁などで囲まずに取り外し可能な障子や襖で部屋を作ると良いでしょう。
壁で囲ってしまうと、使用用途が限定されてしまい、客間や寝室などでしか利用できません。

フルオープンにできる仕様にすることで、リビングの延長として利用できます。
洋室のリビングと開放された和室が繋がれば、部屋は広々と開放感のある空間になるでしょう。
和室で子どもが遊んでいても、リビングから見られますし、子どもが眠たくなればその場で寝かせられます。

また、客間や寝室として利用したい場合には、襖を取り付けることで個室に変更可能です。
このように状況に合わせて部屋を作り変えられるフルオープン和室をぜひ検討してみて下さい。

*小上がり和室にする

リビングの一角を小上がりスペースにして、和室を作ると便利です。
子どもの遊びスペースになるだけでなく、家事で疲れた際には少し腰かける丁度良い場所になるでしょう。

また小上がりの良い点は、下の空間に収納スペースを設けられることです。
収納スペースに布団や座布団をしまっておくことで、子どもの仮眠や来客時にすぐに対応できます。

壁や柱を洋風の物を利用することで、リビングと統一感を出しても良いですね。
沢山の人が集まるホームパーティーを開催すれば、自由にくつろげるスペースとして利用されるでしょう。

*フローリングから畳へとフラットに繋げる

和室を1つの部屋と捉えるのではなく、完全にリビングの延長として作っても良いでしょう。
リビングのフローリングから畳へと、部屋の区切りを作らず繋げることで、よりカジュアルに和室を利用できます。
ソファに座ったり、畳で寝転んだり、気分に応じてリビングを移動できる自由さは嬉しいですね。
また、壁や収納スペースの素材を統一すれば、部屋の区切りを全く感じさせず、リビングの延長であることを演出できるでしょう。

□和室を作る際に注意すべき3つのポイント

和室を作る際には3つの点に注意しましょう。
それぞれ順にご紹介します。

1つ目の注意点は、畳は傷みやすく、ダニが集まりやすいことです。
畳はフローリングのように強い素材ではありません。
家具の移動や長年の使用によって、劣化が生じます。
座椅子やコタツを置く場合には、カーペットを引くなど傷つかない工夫を施しましょう。

また、畳は細かな隙間があり、汚れが溜まりやすいです。
この汚れを餌としてダニが発生することがあります。

特に長期間使用しない部屋や空気が通りにくい間取りの場合には、ダニが発生する可能性が高いです。
梅雨の時期は湿度と温度が高く、ダニが発生する条件が整っているため、こまめな清掃と除湿を行いましょう。

2つ目の注意点は、定期的にメンテナンスが必要なことです。
畳は時間とともに色褪せや汚れが目立ってきます。
2~3年でこうした症状が見られるため、畳の裏表をひっくり返すメンテナンスを行いましょう。
また、5年程使用すれば畳表が痛んできますので、張り替えが必要です。
10~15年以上使用すれば、畳自体が劣化しますので、新しい物に取り換えましょう。

3つ目の注意点は、ペットを飼っている場合です。
ペットを飼っている場合には、専用の畳を使用しましょう。
通常の畳の場合、ペットの爪痕や臭いなどが畳に残ってしまいます。
見た目の劣化だけでなく、菌が繁殖する危険性もあるため、ペットを飼っている方や飼う予定の方は注意が必要です。

□まとめ

今回は和室のオシャレな間取りと作る際のポイントについてご紹介しました。
ぜひこの記事を参考に、理想の和室を作ってみて下さい。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ