注文住宅をお考え中の方へ!内装デザインを考える際のポイントとは?

せっかく新しい家を購入するなら、できる限り思い通りの内装にしたいと思うでしょう。
しかし、予算の関係もあるため、こだわるところと節約するところのメリハリをつけなければなりません。
そこで今回は、内装デザインを考える際のポイントについてご紹介します。

□自分好みの内装デザインとは?

新しい家にするにあたって、室内の設備や装飾といった内装のデザインは重要ですよね。
家族とくつろいだり、食事をしたり、毎日の生活を過ごす室内環境はこだわりたいと思うでしょう。

内装のデザインは、壁や照明器具、家具などを用いて自分好みの雰囲気を作り出しやすいものです。
しかし、こだわりたいと思うあまりに、実際どのようにしてご自分のデザインを反映させるのか分からない方が多いのではないでしょうか。

そんな時は、まず新しい家をイメージするところから始めてみましょう。
友人の家や雑誌、インターネットなどで、気になる内装の家をもとに新しい暮らしをイメージします。
そこから徐々に細かな色や素材など、具体的にイメージを進めていきましょう。
また、今の暮らしの中で物足りない部分の観点から探してみるのもいいですね。

あらかじめ、自分の好みのデザインを把握し、どれほどの予算がかかるのか理解しておきましょう。
しっかりと予算内で家づくりを進めていくことが重要です。

□内装デザインを決めるときのポイントを紹介!

次に、実際に内装を決める際のポイントをいくつかご紹介します。

*失敗例から学ぶ

新しい家の内装を考える際に、実際にあった失敗例から学ぶことをオススメします。
あらかじめどのような失敗があるのか知っておくことで、未然に失敗を防ぎましょう。
よく見られる失敗が、クローゼットの間口が狭いことです。
せっかく広クローゼットを作ったものの、間口が狭くて荷物が入らない例があります。

もし、事前にどのようなものを入れておくのか決まっている場合は、入れるものの横幅をあらかじめ測っておき、設計図を作成する段階でしっかりと伝えておきましょう。

*効果的に節約する

注文住宅を購入する際には、単に建物を建てる以外にも多くの費用がかかります。
できることなら少しでもコストを抑えたいですよね。

内装において節約できる場所といえば、和室があります。
和室は洋室と比べて作るのに費用がかかります。
和室の構造をシンプルなものにする、壁材を和風なものに工夫する、作らないという方法によって節約できるので、検討してみるといいでしょう。

*床材をこだわる

床材を選ぶ際には、フローリングにするにしても、無垢フローリングのような保湿性のあるものや、メンテナンスがしやすい複合フローリングなど様々な種類があります。
床材にどのような機能を求めるのか考えて、床材を選んでみましょう。

*コンセントの配置を考える

コンセントの配置は、家づくりを進める上で軽視されがちです。
しかし、コンセントの配置をしっかりと考えておくことは重要です。
テレビや冷蔵庫はもちろんですが、スマホの充電箇所は一か所でいいのかなど細かい部分の打ち合わせが大切です。

家づくりの最中は忘れがちですが、クリスマスツリーやおひな様などの電気の必要な季節の飾りも忘れずに考えましょう。

エスプレッソマシンや、ワインセラーなど、あらかじめ置きたいものが決まっている場合も、大型家電用のコンセントが必要になる場合もあります。

どれくらいの電力が必要となるのかをあらかじめ調べておく必要があります。

家電製品をどこに置くのかだけではなく、図面を見ながら新しい家での生活動線を考えた上で、コンセントの配置を決めましょう。

また、今後電製品が増えることも考えて、コンセントは多めに配置しておくことをオススメします。

できれば1部屋に2箇所以上はつけておくと良いでしょう。
1つのコンセントをタコ足配線で多くの電化製品を使ったり、家具の裏に配置してホコリを被ったりすると火災にもつながるため、入念に考えましょう。

□まとめ

今回は、内装デザインを考える際のポイントについてご紹介しました。
内装を考える際には、ご自分のこだわりだけでなく利便性も意識して考えると良いでしょう。
ぜひこの記事を参考に、気持ちよく、かつ快適に暮らせる内装を選んでみて下さい。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ