新築で失敗しないために!キッチン選びのポイントとは?

新築の家を購入する際に、使いやすいキッチンを求める方は多いのではないでしょうか。
家の中でもキッチンは特に重要な場所と言えるでしょう。
そのため、キッチン選びは絶対に失敗したくはないですよね。
そこで今回は、新築住宅のキッチン選びで失敗しないために、キッチンを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

□キッチン選びの失敗例を紹介します!

せっかく新築の家を購入したのに、キッチン選びで失敗してしまうともったいないですよね。
後で後悔しないために、あらかじめどのような失敗例があるのか見ておきましょう。

まず1つ目にご紹介する失敗例は、収納スペースが少ないことです。
単に調理をするだけがキッチンではありません。
調理で使うフライパンや鍋、調味料など、様々なものを収納しておくための場所でもあります。

調理の際に必要なものを取り出したり、しまったりするためにも十分なスペースがあった方が良いでしょう。
また、収納するスペースが少ないと、使い勝手が悪くなるだけでなく、調理や片付けもスムーズに行えないというデメリットがあります。

2つ目は、予算を削りすぎた例です。
新築の家を建てる場合、やはり多くの費用がかかってしまいます。
なるべく削れる予算は削りたいですよね。
しかし、キッチンの予算を削りすぎてしまうことで、必要な設備がなかったり、使い勝手が悪かったりと、後々後悔してしまう場合があります。

新築でキッチンを選ぶ際には、長く使うことを考えておく必要があります。
長い目で見たときに、どのようなキッチンが使いやすいか考えておきましょう。

3つ目は、キッチンの種類を考えていない例です。
一口にキッチンと言っても様々な種類があり、それぞれ特徴が違います。
そのため、それぞれのニーズに合った種類のキッチンを選ぶことが重要です。

思っていたイメージと実際に使ってみた印象が違うことは珍しくありません。
このような失敗を防ぐためにも、あらかじめそれぞれの種類ごとのメリットやデメリットを知っておきましょう。

□キッチン選びのポイントとは?

次に、実際にキッチンを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

*収納スペース

先ほどの失敗例でもご紹介しましたが、やはり収納スペースは重要です。
調理をする際には様々なものが必要になり、それらを十分に収納できるスペースがあるか確認しておく必要があるでしょう。
特に大家族に場合であれば、食器の数、調理器具、食材、どれも多く必要になるため、十分な収納スペースがないと使い勝手が悪く感じてしまいます。

*キッチンの高さ

キッチンの高さは、普段調理する方の身長に合った高さを選びましょう。
キッチンは、調理するときだけではなく、洗い物をするときも使います。
そのため、適切な高さのものを選ぶことで、調理から片付けまでの負担を減らせるでしょう。

目安として、調理する人の身長の半分に、プラス5センチした高さが作業しやすいとされているので、実際に理想の高さを求めてみて下さい。

*家電の配置

キッチンに欠かせないものと言えば、冷蔵庫や炊飯器、電子レンジなどの家電製品でしょう。
普段の調理で、どのような動きが多いのかイメージしておくことが重要です。

例えば、冷蔵庫、シンク、コンロでの移動多い場合は、その移動がスムーズになるような配置にした方が良いでしょう。
目安として、それぞれの場所への移動は2歩以内が理想と言われています。

□まとめ

キッチンは使う人にとって使いやすいものであるかが重要です。
見た目や価格だけではなく、使いやすさや機能性の良さも考慮する必要があります。
キッチン選びで失敗しないために、あらかじめキッチンに関する知識を蓄えておきましょう。
新築住宅に関するお悩みをお持ちの方は、当社までお気軽にご相談下さい。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ