柏市の方に注文住宅を購入する流れについて解説します

注文住宅を購入しようとお考えの方で、
「どのような流れで進んでいくのか分からない」
「スムーズに計画を進めたい」
といったお考えをお持ちの方はいませんか。

注文住宅を購入する上で、事前にどのような流れで進んでいくのか理解しておく必要があるでしょう。
そこで今回は、注文住宅を購入する流れについてご紹介します。

□注文住宅の購入前に確認すべきポイントとは?

注文住宅を購入するにあたって、後から後悔をしないために、事前に確認しておくべきことがあります。
今回は、3つのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

*優先順位を明確にする

注文住宅を検討する際には、現在の生活スタイルや今後のプランなどを考慮した上で、マイホームに求める優先順位を決めておきましょう。
立地や環境、間取り、部屋の数、収納スペース、駐車場など様々な希望条件があるでしょう。
間取りや設備などについては、後から変更ができますが、立地や環境は変えられません。

住宅に求める条件を書き出して、優先順位を記しておくのがオススメです。
実際に、業者の方と話す時もその紙を持っていくことでよりスムーズに話を進められるでしょう。

*資金計画を立てる

住宅を購入するのにかかる費用は、家を建てる建設費用の他にも、土地購入費や諸経費など様々な費用がかかります。
また、月々にかかる光熱費や定期的なメンテナンスなど将来的にも多くの費用がかかることを考慮して考える必要があります。

現在の収入や今後の収入、現在支払っている家賃などをもとに、無理なく返済できる金額を決めていきましょう。

*近隣の状況を知っておく

住宅を購入する前に、近隣のライフラインや公共施設などを確認しておきましょう。
日常生活でよく利用する可能性がある公園やスーパーなど、事前に把握しておくことが重要です。

また、電気、ガス、水道などのライフラインは、住む場所によってかかる光熱費が変わります。
実際に生活が始まってから、費用が高くつくことを知って焦ることがないように、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

□注文住宅購入の流れとは?

次に、実際にどのような流れで進んでいくのか説明します。

まず、業者の方に間取りプランを提案して見積もりを依頼しましょう。
このときに、先ほどご紹介した求める条件を書き出したメモを持参すると、よりスムーズに打ち合わせが進められます。
間取り、耐震性、断熱性などのこだわりたいポイントをしっかり伝えましょう。
見積書を見る際のポイントとして、諸経費などがどのくらい含まれているのか確認しましょう。

次に仮契約を結びます。
仮契約を結ぶ時点で、申込金が5万円から10万円ほど必要になる場合があるため、あらかじめ契約内容を確認しておきましょう。
仮契約後は、間取りや見積もりの修正、設備などを細かく決めていきます。

プランや金額が決まったら、工事請負契約を結びます。
この契約を結んだ後、さらに詳しく打ち合わせを重ねていきます。
プランに変更がある場合は、変更契約を結ぶことになりますが、工期が延長したり追加費用が発生したりする可能性があるので注意しましょう。

そして、いよいよ着工が始まります。
工事が始まる前に、騒音や頻繁に重機が出入りするなどを配慮して、近隣の方へ挨拶を済ましておくことをオススメします。
建物が完成したら、役所による完了検査などの確認事項を済ませ、不具合や修正箇所がなければ正式に引き渡しになります。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する流れについてご紹介しました。
注文住宅を購入した場合、どのような流れで進められるのか理解できたでしょうか。
当社では、住宅に関する勉強会や見学会など様々なイベントを行っています。
柏市にお住いで注文住宅を検討している方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ