柏市で注文住宅の購入を検討している方に耐震について解説します

注文住宅を選ぶ際、デザイン、立地、間取り、設備など多くのポイントがあります。
しかし、その中でも特に重要なのが耐震性能です。
地震が多く発生する日本において、耐震について考えることは必須と言えるでしょう。
これから注文住宅を購入する場合は、しっかりと地震を想定した家づくりを行いましょう。

□耐震基準とは?

日本は、世界の国々と比べて、地震がとても多い国と言えるでしょう。
そのため、地震による被害を受ける可能性が高く、住宅も例外ではありません。
そこで、地震から住宅を守るために定められたのが耐震基準です。

耐震基準とは、建築基準法に定められている、建物を建てる上で守らなければならない耐震強度のことです。
建物の高さや面積などによって違う基準が定められています。
耐震基準を満たしていない家に住むということは、自らの命を危険にさらすことになるでしょう。
また、基準に満たしていないことが分かった場合、建物の持ち主は罰金を支払うこともあります。

この耐震基準が定められている建築基準法は、1981年に改正されたもので、新耐震基準と言われています。

大地震が起こるたびに徐々に建築基準法を改正していましたが、1978年に起きた宮城県沖地震による被害が大きかったため、新耐震基準が定められました。
この地震によって、多くの建物が倒壊や損壊の被害を受けました。
このような背景から、建物の耐震性能を改善するために建築基準法が改正されました。

建物の安定性を判断するために、耐震性は耐震等級によって示されています。
耐震等級は3段階あり、等級が上がるにつれて耐震性能が優れています。

等級1の建物は、建築基準法に定められている程度の耐震性を持っていることを表しています。
この等級は、数百年に一度発生する規模の地震に耐えられる程の耐震性と考えて良いでしょう。
等級1の1.25倍の地震が起きた場合でも倒壊しない耐震性を持っているのが、等級2です。
そして、3つの等級の中で最も耐震性が高い等級3は、なんと等級1の1.5倍もの地震にも耐えられる耐震性を表しています。

□耐震性能が高い家にするためのポイントとは?

次に、耐震性能が高い家にするために押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

*強い地盤を選ぶ

もちろん家自体の耐震性能も重要ですが、家を建てる地盤もしっかり考える必要があります。
土地を選ぶ際は、敷地の形状や向き、駅からのアクセスの良さなどに注目しがちですが、地盤が強い土地であるかも確認しておきましょう。

*複雑な形にしない

家の形を複雑にしてしまうことで、地震の揺れに弱くなってしまいます。
シンプルな形の家とは異なり、外部からのエネルギーをそれぞれの部分に集中しやすく、建物がねじれたり歪んだりしてしまう恐れがあります。

*高さを低くする

建物の高さが低い家の方が耐震性に優れていると言えます。
建物の高さが低いことで、地震で揺れ際の振動が少なくなるため、なるべく低い高さの建物にするのがオススメです。

*屋根を軽くする

屋根が重いことで、家の重心の位置が高くなります。
そのため、家が不安定な状態になり、揺れも大きくなってしまいます。
また、実際の揺れでは家の先端になるほど遠心力が増すため、重さの数倍以上の力が加わります。
これらを踏まえると、屋根が軽いほど家の重心が低くなり、地震時の被害を減らせるでしょう。

□まとめ

今回は、住宅の耐震についてご紹介しました。
住宅における耐震の重要性を理解していただけたでしょうか。
注文住宅を購入する際は、必ず耐震について考えながら家づくりを進めましょう。
当社では、家族の方が安心、安全に住める家づくりをお手伝いさせていただきます。
柏市で注文住宅を検討中の方は、ぜひ一度ご相談下さい。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ