柏市の方に注文住宅の吹き抜けについて詳しく解説します

「吹き抜けを取り入れることによるメリットについて知りたい」
「吹き抜けの家にする際には、どんなことに注意すれば良いのか分からない」
といったお悩みをお持ちの方はいませんか。
このように、吹き抜けについて気になっている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、柏市の専門家が吹き抜けについてご紹介します。

□吹き抜けのある住宅にするメリットとは?

吹き抜けとは、一般的に建物の1階部分から数階にわたって繋がっていることを指します。
このような住宅にすることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
吹き抜けにすることで多くのメリットがありますが、今回はその中から4つのメリットをご紹介します。

*開放感を感じられる部屋になる

最大のメリットは、開放感のある部屋にできることでしょう。
吹き抜けを作ることによって、各階が連続してあるため、自然と天井の位置が高くなります。
このような部屋で上を見上げてみると、部屋全体が実際の広さよりも広く見えるでしょう。
部屋全体が視覚的に広く感じられ、圧迫感がなく快適な部屋づくりが期待できます。

*部屋全体が明るくなる

吹き抜けを作ることで、あらゆる窓から自然と光が入ってきます。
そのため、部屋全体がとても明るくなります。
もともと南側に家があり、部屋が暗くなってしまう家でも、吹き抜けを取り入れることで明るい部屋にできるでしょう。

また、天窓を作ることで時間に関係なく外の光を取り入れられ、星を眺めることも可能になります。

*風通しが良くなる

家の立地や間取りなどによって一概には言えませんが、吹き抜けを取り入れることで風通しを良くできるでしょう。
低い窓から高い窓へと空気が流れ、自然に換気を行ってくれます。

*常に家族の存在を感じられる

吹き抜けがあることによって、家自体につながりを持たせられます。
隔たりがあまりないため、どこにいても家族の存在を感じられるでしょう。
また、上の階の廊下スペースをちょっとした書斎スペースとして活用している例もあり、下の階にいる子供を見ながらでも作業を進められます。

□吹き抜けにする際に気をつけるべきポイントとは?

次に、吹き抜けにする際に気をつけておくべきポイントをご紹介します。

まず考えなければいけないのが、強度についてです。
新しく家を作る際に、強度について考えることは必須と言えるでしょう。

吹き抜けの特徴である開放的な空間が、地震の際には欠点になってしまいます。
地震の揺れに備えるための柱や壁の量が少なくなってしまうため、耐震性が弱くなってしまいます。
そのため、重量鉄骨や鉄筋コンクリートの住宅以外であれば、耐力壁など耐震設計を考える必要があるでしょう。

もう1つの気をつけるべきポイントは、寒さ対策です。
縦長に伸びるような作りである吹き抜けは、寒さに気をつけなければいけません。

開放的な吹き抜けの空間は、密閉された部屋と比べて、部屋を温めるのに時間がかかります。
また、せっかく温めた空気が上に溜まってしまうことによって、1階部分にいる家族が寒い思いをしてしまいます。

このような問題が起こらないように、まずは断熱性と気密性を高めた家を作りましょう。
これらは家の性能を高める上で欠かせない要素と言えます。
その上でさらに寒さが心配な方は、床暖房を取り入れることがオススメです。
床暖房にすることによって、下に冷たい空気が溜まりにくくなります。
そのため、足元から暖かさを感じられるでしょう。

□まとめ

今回は、吹き抜けについてご紹介しました。
どのようなメリットや注意点があるのかを理解した上で、吹き抜けを取り入れるかを検討すると良いでしょう。

当社では、吹き抜けのようなオシャレなデザインに加えて、より快適な住まいを無駄なコストを省いて実現します。
注文住宅でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談下さい。

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ