失敗したくない方必見!注文住宅の業者の選び方とは?

注文住宅を建てる際に最初に悩むのは業者選びではないでしょうか。
確かに、何を基準に選ぶべきか判断は難しいでしょう。
そこで、今回は注文住宅の業者を選ぶ際ための4つの観点と業者選びの失敗について紹介します。
注文住宅を検討されている方はぜひご覧ください。

□業者選びの4つの観点とは

注文住宅を選ぶ際には4つの観点から業者が適しているか判断すると良いでしょう。
その4つの観点を紹介します。

1つ目は工法についてです。
地震や台風などの災害に備えるためには工法は非常に重要です。
そのため、1番最初に考えたいポイントと言えるでしょう。
希望の工法を明らかにし、どの業者がその工法を使用しているかを調べると良いでしょう。
大手のハウスメーカーは施工可能な工法が複数ある場合もあります。
しかし、一般的には1社で1つの工法のみを取り扱っていることが多いです。

2つ目は構造です。
構造とは住宅が持つ性能のことです。
例として耐震性や断熱性、気密性などが挙げられるでしょう。
万が一の地震に備えたい方は耐震性がしっかりしている住宅に、将来のことを考えている方はバリアフリーを採用している住宅にしたいという希望があるでしょう。
このように、住宅に求めることをはっきりさせておくと、取り入れたい構造も決まります。

しかし、多くの希望を叶えようとすると、コストも比例して増えるでしょう。
そのため、挙げた希望に優先順位を付けておくことをおすすめします。

3つ目はデザイン性です。
せっかく注文住宅を建てるため、見た目もこだわりたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。
業者ごとにデザイン性にも特徴があります。
しかし、デザイン性を意識しすぎると、耐震性や住宅の寿命に悪影響を及ぼす可能性があるでしょう。
何10年と住む予定の住宅では性能を重視することをおすすめします。

4つ目は費用です。
費用が最終的な決定を左右することはよくあるでしょう。
そのため、費用も業者を決定する重大な要素です。
費用を比べる前に、建築費に回せる予算を把握しておく必要があります。
希望の間取りに必要な坪数と出せる予算を理解しておくと、業者の決定がしやすいでしょう。

□業者選びの失敗とは

注文住宅を建てることは非常に大きな決断です。
そのため、できるだけ失敗は避けたい方も多いでしょう。
業者選びでの失敗にはいくつかの理由があります。
その理由を紹介します。

失敗の理由1つ目は業者をネームバリューで選ぶからです。
確かに、大手にはサービスやサポートが充実しており、安心感があると思われる方も多いでしょう。
しかし、その業者がニーズに合っているかを考える必要があります。
その業者で理想の住宅を建てられるのかという観点と安心感があるという観点は別の話のため、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

理由2つ目は住宅展示場の雰囲気で決めてしまったからです。
展示場では最新の住宅から、デザイン性にこだわった住宅まで様々な住宅が揃っているでしょう。
どのような住宅かを肌で感じられるため、参加することは有意義でしょう。
しかし、展示場の雰囲気で決めてしまうと最初に住宅に求めていたものがぶれてしまう可能性があります。

住宅が完成してから必要ない設備が見つかったというケースも見受けられます。
予め希望の住宅を決めた上で参加すると良いでしょう。
また、展示場の住宅や設備は高い傾向にあるため、予算を超える可能性があることに注意が必要です。

□まとめ

今回は注文住宅の業者を選ぶための4つの観点と業者選びの失敗を紹介しました。
理想の住宅を建てるためには業者選びは重要でしょう。
どんな住宅にしたいかを考えた上で当てはまる業者を選ぶと失敗が少ないことがお分かりいただけたと思います。
何かわからないことがあれば気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ