家の間取りについて!失敗しないためのポイントとは?

「家の間取りの決め方が分からない。」
このように悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
指標がないまま間取りを決めるのは大変です。
そこで、今回は家の間取りで失敗する原因と、間取りを決める際に考えるべきポイントを紹介します。

□間取りで失敗する原因とは

家の間取りで失敗する原因1つ目は部屋の配置を深く考えずに行うことです。
部屋の間取り次第で住みやすさが変化するでしょう。
よくある間取りの失敗に家事動線の悪い家があります。
家事動線とは家の中で家事をする際の移動を線状にしたものです。
この線がシンプルであれば移動が少ないと言えるでしょう。

例えば、キッチンと洗濯機を置いてある場所が近いとします。
家事は複数のことを同時進行で行う場合が多いでしょう。
そのため、料理をしながら洗濯をする際に行き来する部屋の数が多いと余計に時間がかかります。

また、良くある失敗にトイレがリビングや個室に近いことが挙げられます。
家族団らんで集まったり、リラックスしたりする場所でトイレの排泄音が聞こえると非常に不愉快でしょう。
トイレの場所が近いことはメリットにもなりますが、トイレ付近に設置する部屋を考慮することが大切です。

失敗する原因2つ目は収納スペースの計画性がないことです。
収納スペースを確保しようとする方は多いでしょう。
確かに、収納する場所が1つもない家は不便です。
しかし、ただ設置するだけでは公開してしまう可能性があります。

例えば、引っ越し先に持って行く荷物の量を予め把握しておらず、家が完成してから収納スペースが足りないと判明するケースが見受けられます。
収まりきらなかったものは他の部屋に置かれ、家が散らかる原因にもなってしまうでしょう。
事前にものの量を確認した上で、収納スペースの計画を立てることをおすすめします。

また、広さのみを重視したため、使い勝手が悪いという失敗もあります。
デッドスペースをそのまま収納スペースにすると形が複雑になり、収めたいものが入りきらない可能性があります。
収納スペースが欲しいからと言って、空いてあるスペースをそのまま使うのは避けましょう。

□間取りを考える際のポイントとは

*家族構成を考える

家族構成を考えることは間取りの計画を建てる際に非常に役立つでしょう。
将来家族がどうなっているのかは誰にも分かりません。
そのため、家族の状況が変化する度に適応できる家にすることが大切です。

例えば、お子様の数が増えて、子供部屋を与えるのであれば部屋を増やす必要があります。
最初から部屋が壁で区切られているとそれ以上部屋数を増やすことは難しいですよね。
しかし、十分に対応できるよう広めの部屋を作っておき、仕切れるようにしておけば対応できます。
また、子供達が巣立ち、夫婦2人になったら仕切りを取っ払って再び広い部屋として使用できます。
一生家族の人数が同じことは少ないため、ライフスタイルに合った間取りを心がけることをおすすめします。

*生活動線を想像する

普段の生活をする上での動きである生活動線を考えることで間取りの計画がしやすくなるでしょう。
例えば、キッチンでの動きを考えてみましょう。
キッチンでは食材を冷蔵庫から取り出す、切る、調理器具を火にかける、洗い物をするといった様々な行程が行われます。
キッチンが広すぎると行き来の時間が増えるため、時間のロスに繋がります。
また、食材を取り出している間に火元を離れる可能性があり、安全性が確保できないでしょう。
キッチン内でどのように動くかを想像して適切な間取りを計画することが大切です。

□まとめ

今回は間取りで失敗する2つの原因と間取りを考える2つのポイントを紹介しました。
間取りを決めるには家族構成や生活動線について考える必要があることを理解していただけたでしょうか。
間取りは生活に大きく影響するため、納得できるまで考えてみてください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ