家づくりの流れをポイントを踏まえてご紹介!

「家づくりを考えているが知識がなくてどうすべきかわからない。」
このように困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
不安でいっぱいの中、家づくりについて考えるのは大変でしょう。
そこで今回は家づくりの流れとポイントを紹介します。

□家づくりの流れとは

家づくりをするにあたって流れが気になるという方もいらっしゃると思います。
そこで、家づくりの流れを紹介します。

*契約を結ぶ前

家づくりを始める前にまず、相談を行います。
より良い家づくりへのアドバイスをさせていただくため、お客様が疑問に思っていることや希望をお伝えください。
その後、業者が住宅のプランを立てる基礎となる現地調査を行い、お客様に適したプランを提供いたします。
仮の家や資金の計画が記載されているため、しっかりと確認をした上で契約をしましょう。

*契約を結んでからの流れ

業者が地盤の強さを調査します。
地盤が緩い土地に住宅を建てると地盤沈下が起こり、住宅が傾く恐れがあるでしょう。
お客様の想いが詰まった住宅を長持ちさせるために、慎重に行います。
地盤が住宅を建てるのにふさわしいと認定されたら、図面の最終チェックを行います。
最終的な契約書や設計図には重要なことが多く記載されているため、必ず目を通しましょう。

確認してお客様が納得されましたら、最終の契約を結んでいただきます。
これ以降の変更は違約金がかかる恐れがあるため、注意しましょう。
契約を締結したら、着工に移ります。
住宅の完成後、お客様と一緒に検査をします。
検査で不備が見つかった場合は再び工事を行うため、細部まで確認しましょう。
直し工事が完了し、それ以上に直すところが見つからなければ、終了です。
その際に、住宅の鍵をお渡しいたします。

□家づくりのポイントとは

1つ目の家づくりのポイントは建築費用には本体工事費用以外の費用も含まれていることです。
本体工事費用は建物本体の値段のことで、およそ全体の7割であると言われています。
そのため、住宅の値段が安いと思って見積もりをしたのに、建築費用が予想より高くなる場合もあるでしょう。
建築費用の残りの3割には別途工事費用や諸費費用があります。
別途諸費費用とはガスや水道のインフラの整備や駐車場の整備などに使われるお金です。諸費用には住宅ローンの手続き料や保険料が含まれます。
建築費用には本体工事費用だけではなく、その他でかかるお金があることを覚えておきましょう。

ポイント2つ目は人によって完成期間が異なることです。
家づくりは非常に大きな買い物です。
そのため、できるだけ理想を叶えようと希望を詰め込んだり、打ち合わせを重ねるごとに希望が変化したりするでしょう。
お客様の意見が固まらないと施工期間が延びてしまいます。

また、予算の面で調整を繰り返していても施工期間は伸びるでしょう。
住宅の完成の時期を決めている方は注意が必要です。
しかし、どんどん期間が伸びるからといって納得できないまま工事を進めることはおすすめしません。
できあがった住宅にモヤモヤを残したままでは後悔に繋がるでしょう。
住宅に満足するために行うのが打ち合わせであるため、最後まで真剣に向き合うことが大切です。

ポイント3つ目は打ち合わせした内容を記録することです。
打ち合わせは長引くと日を改めて何度も行われます。
そのため、前回の打ち合わせで何について話し合い、何を決めたのかを忘れてしまうかもしれません。
お客様と業者の間で意見の食い違いがあると、住宅のできあがりのイメージやオーダーと違うというトラブルに繋がります。
記録を取っておくとこのようなトラブルを回避できます。
記録を取る際はできるだけ細かく記載しておくことをおすすめします。

また、質問したいことを予めメモすることも良いでしょう。
打ち合わせをしていると、質問したいことや質問すること自体を忘れる可能性があります。メモに残すことで確実に質問ができるでしょう。

□まとめ

今回は家づくりの流れとポイントを紹介しました。
ぜひこの記事を参考にして家づくりを進めてください。
また、家づくりを検討されている方は当社に一度お問い合わせください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ