注文住宅で後悔したくない方!ほかの方の後悔したポイントを活かしましょう!

古河市で注文住宅を建てようと検討している方に向けて、今回は、注文住宅の失敗例と後悔しないためのポイントについて紹介します。

□注文住宅で後悔している人の失敗例をご紹介!

注文住宅は自由に設計ができてしまうがゆえに、ご自身のライフスタイルと合致しない間違った選択をしてしまって、住み始めてから後悔することが多いです。
そのため、過去に注文住宅で失敗した人たちの失敗例を知ることで、ご自身のライフスタイルに合った住宅づくりをすることはおすすめの方法です。

まず、浴室おける失敗例を紹介します。
例えば、小さな子供やペットがいる家庭からは、お風呂場と玄関の距離を短くすればよかったという声が多いです。
お風呂場と玄関の距離を近くすることで、外から帰ってきたときに家中が汚れることを防げます。

また、お風呂場でのオプションとしてテレビをつけた方の後悔が多いのも事実です。
結局のところ、忙しい平日の夜にゆっくりとお風呂に入ってテレビを見る時間を確保するのは困難なため、使う機会がなくなってしまうこともあります。
そのため、テレビの設置はよく検討しましょう。

次は、キッチンでの失敗例です。
例えば、キッチンのスペースや高さが自分自身と合っていないと後悔する人も多いです。
通路や調理台が狭いせいで、ごみ箱や調理器具を置けないことや、キッチンが低いせいで腰を痛めてしまう場合もあるため、あらかじめどのようなキッチンの広さや高さかを確認することが大切です。

また、収納スペースに関して失敗したと感じる方もいます。
収納スペースの広さが余分だったり狭すぎたりすると後悔してしまいます。
例えば、キッチン収納の奥行が深すぎて、重いお皿を取り出すのが面倒になったり、ウォークインクローゼットに思ったより衣服を収納できなかったりした、というような後悔をすることは多いです。

次に、収納スペースの位置にも注意しましょう。
掃除機を玄関に収納してしまって掃除機を取りに行くのが手間になったり、ロフトに物を収納しようとして結局使わなくなってしまったりする場合もあります。

□注文住宅を成功させるためのポイントとは

まずは、家族の一日の生活を考えながら、シンプルな動線となるような間取りを決めましょう。
間取りの決め方としては、家族全員に加え来客が利用できるパブリックゾーン、ぞれぞれの個室となるプライベートゾーン、日々の生活を送る上でかかせないトイレやキッチンのようなサービスゾーン、廊下や玄関のような移動ゾーンという4つの種類に部屋を分類します。
そして、家族の家での過ごし方を考えながら、移動が楽になるように部屋ごとの配置を決定します。
例としては、日々の家事を楽にするために、洗濯物を洗う洗濯機とベランダとの距離や道幅を工夫することが挙げられます。

次に、資金計画をしっかりと練りましょう。
返済が困難な住宅ローンの組み方をしてしまうと、おしゃれで快適な家を建てたとしても、結局のところ日々の生活を住宅ローンの返済が圧迫して、快適な生活を送れずにストレスを抱えてしまいます。

現在のご自身の貯蓄や年収から、捻出できる自己資金額と住宅ローンの借入額を計算して、注文住宅の費用に充てられる予算を決定しましょう。
このとき、注文住宅を建てる際にかかる費用は初期費用以外にも、保険やメンテナンス費用のように様々な費用がかかることを忘れないようにしましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅で後悔しないためのポイントを中心に紹介しましたがいかがでしたか。
注文住宅を建てる際には、ご自身がこれからどのような生活を送りたいかをしっかりと考えましょう。
注文住宅を建てようと検討している方はこの記事を参考にしていただけたら幸いです。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ