ルンバの置き場所にお困りですか?収納を作りましょう!

ルンバは、とても便利なお掃除ロボットですが、設置にスペースが必要です。
古河市にお住まいの方で、ルンバの収納にお困りの方も多いと思います。
そこで、この記事では、ルンバの収納やポイントについて紹介します。
是非参考にしてみてください。
 

□ルンバの収納について

 
ルンバの厚さは約10センチです。
10センチしかないため、ルンバを平置きすると上の空間が無駄になってしまいますよね。
それを解決してくれるのがルンバ収納です。
 

*ルンバ収納があるメリット

 
ルンバ収納があることで、ルンバの上にホコリがたまらず本体が汚れにくいです。
平置きでルンバを置いているとホコリが溜まってしまうのは当然です。
ルンバの上が汚れていると清潔感がないように見えてしまう原因になってしまいます。
平置きしないことで、リビングダイニングがすっきりとした印象になり、清潔感の溢れたリビングになります。
 
また、ルンバを平置きしないことで足を引っ掛けずに済むというメリットもあります。
特に小さな子供や老人の方がいらっしゃる方にとって、安全性は重要なポイントですよね。
 
ルンバ収納を作る際は、適切なサイズで作るように意識しましょう。 
適切なサイズでないと、ルンバが戻りにくくなるので注意してくださいね。
 
では、ルンバの収納はどこに作ったら良いのかなと思った方はいらっしゃいませんか。
そこで、ここから、適した設置場所についていくつか紹介します。
 
ルンバの置き場所として1番選ばれるのはリビングダイニング内です。
リビングダイニング内の収納下部を置き場所にするのがおすすめです。
 
次に選ばれるのがパントリー内です。
リビングダイニングから見えないのが良いですね。
ただし、パントリーの場所によってはルンバが戻りにくい場合もあります。
 
階段の下をルンバスペースにするという方も多いです。
ただし、階段を降りるときにルンバが動き出してしまう可能性もあるので注意してくださいね。
 
クローゼットの扉内に置くのも1つの手です。
扉を15センチ以上床からあげるとルンバが自由に出入りできます。
 

□ルンバの収納を作る上で確認しておきたいポイント

 

*部屋の床面積の3分の2を見える状態にする

 
ルンバは、物にぶつかると何度も方向転換をします。
逆を言うと、床に物がなければきれいに掃除できます。
ただし、床に一切物を置かないというのは難しいですよね。
そのため、1つの目安として床の3分の2程度は見えるようにするのがおすすめです。
 
また、物が少なければ、方向転換によってできるルンバの傷も防げます。
ルンバの傷だけでなく、家具につく傷も防げるため、ルンバを使用する方はできるだけ物を少なくしておくと良いでしょう。
 

*コードなど配線をまとめておく

 
ルンバは、コードに絡まると動けなくなることが多いです。
そのために、コードに絡まらないための対策をする必要があります。
ケーブルボックスを使用する、結束バンド等で束ねる、コードを地面につかないように宙に浮かせるなどの工夫をするようにしましょう。
 

*数センチの段差もなるべく解消する

 
ルンバは、基本的に段差を上れません。
できるだけ段差をなくすことで、効率的に動けます。
小さな段差でも、できるだけなくすように心がけてみてくださいね。
 
例えば、カーペット選びをする際は厚いカーペットより薄いものを選ぶと段差がなくなるためおすすめです。
加えて、滑り止めシートなどを使い巻き込みを防いでおくと良いです。
 

□まとめ

 
今回はルンバの収納と、ルンバの部屋作りで気をつけたいことについて紹介しました。
少しでもお役に立てれば幸いです。
古河市にお住まいの方でルンバの収納についてお悩みの方は、当社までいつでもご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ