注文住宅をご検討中の方へ!プランごとの特徴を紹介します!

古河市で、注文住宅をご検討中の方にお伝えしたいことがあります。
実は、注文住宅には3つの方式があるとともに、間取りや設備ごとにかかる費用も大きく異なってきます。
注文住宅について詳しい知識を前もって身につけることで、住宅への後悔を防ぎましょう。
そこで今回は、注文住宅のプランを中心に紹介します。

□注文住宅のプランを紹介します!

注文住宅のプランは、企画住宅方式とフルオーダー方式、そしてその中間のセミオーダー方式の3つがあります。
それぞれの特徴を知って、自分にあった方式を選択することで、よりご自身のライフスタイルに合った快適な住宅を建てられるようになりましょう。

企画住宅方式は、事前に準備されて選び抜かれた間取りやデザインの案から、ご自身にあった部屋を自分自身で選べる方式です。
注文住宅に対して、フルオーダー方式だから打ち合わせが面倒くさいというイメージや、住宅の知識が初心者レベルである自分が家の間取りやデザインを決めるのが不安だと思っている方も多いと思います。

一方で、企画住宅方式は少ない選択肢の中から間取りやインテリアを選ぶのが主な作業であるため、フルオーダー方式よりも安く短い期間で住宅を購入できます。

フルオーダー方式は、衣服に関して採寸から服の仕立てまでをすべてフルオーダーでできるのと同じように、すべてをご自身で決められる方式です。
外観や設備、間取りにおいて強いこだわりがあったり、どのようなライフスタイルを確立したいかが明確にあったりする場合におすすめの方式です。

フルオーダー方式ならば、自分自身が住宅に求めるデザイン機能をふんだんに詰め込んだ自分だけのオリジナルな住宅をつくれます。
ただし、企画住宅方式とは異なり、値段や打ち合わせの期間には欠点を抱えていることは注意しましょう。

そして、セミオーダー方式は上記の2つの中間であり、建具や床など家の設備一部を選び組み合わせられます。
断熱材や材料などを除いて、いくつかの中から選択肢を選んで住宅を完成させるのが一般的です。
住宅に関して特に強いこだわりがなかったり、確率したいライフスタイルがそれほど明確でない場合は、フルオーダー方式よりも手軽なセミオーダー方式の方がおすすめとなります。

□間取りごとにかかる費用について紹介します!

当然ですが、間取りの大きさによってかかる費用も大きく異なっていきます。
まず、30坪程度の2階建て住宅にかかる費用は、立地や設備によって大きく異なるものの、1000万円から1500万円かかります。
空間をできるだけ活用することで、LDKに関しても約19畳程度確保できて、2階にも3つの部屋を設けられます。
またこのような予算内でも、日光が多く差し込むサンルームや、脱衣室、ウォークインクローゼットを設置できます。

次に、40坪程度の同じく2階建て住宅には、2000万円から3000万円の費用がかかります。
LDKを約20畳程度設けているのに加え、玄関の隣にシューズクロークを設置できる広々と余裕のある設計となっています。
またこの予算内だと、バルコニーではなくウッドデッキスペースを設置できるのも特徴です。

他にも、LDKをさらにしっかりと確保したい場合には、約3500万円程度を準備するのがおすすめです。
広々と余裕のあるLDKを確保できるだけでなく、ウォークインクローゼットやシューズクロークの設置もできるため、収納にも問題はありません。
予算を多く取ることで、より自由で快適な住宅を建てられるでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅のプランや費用について紹介しましたがいかがだったでしょうか。
ご自身のライフスタイルに合ったプランを選択することで、注文住宅の購入をストレスなく済ませられます。
注文住宅の購入をご検討の方は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ