ルンバ基地は隠すことができる?収納アイデアを解説します!

「ルンバを購入したけれど、どこに収納すれば良いか分からない」
このような悩みをお持ちの方は多いと思います。
部屋のどこかに置いておくのではなく、隠れた場所にきっちり収納したいですよね。
そこで今回は、ルンバ基地を隠すための収納アイデアをご紹介します。
柏市で収納にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

□ルンバ基地を置くのにぴったりな場所とは?

ルンバを持っているけれど、どこにルンバ基地を設けるべきなのか分からないという方は多いのではないでしょうか。
できる限り人目につかない場所に作り、隠しておきたいですよね。
ここでは、ルンバ基地を置くと良い場所について解説します。
ルンバの収納スペースでお悩みの方は、ぜひお役立てください。

1つ目は、パントリー内です。
パントリーの一番下にコンセントを設置しておくことで、ルンバの収納場所として使えます。
使用する際は扉を開けたままにするだけで良い上に、リビングダイニングから見えないのが大きなメリットです。
ただし、ルンバの種類とパントリーの位置によっては、ルンバが戻りにくくなることもあるため工夫しましょう。

2つ目は、階段下のスペースです。
最下段の段下スペースを活用して、ルンバ基地を作る方もいらっしゃいます。
リビング階段の場合はデットスペースも有効活用できるためおすすめです。
ただし、階段を降りている際にルンバが突然出てきて、踏んでしまうこともあるため気をつけましょう。

3つ目は、クローゼット内です。
クローゼットの扉の内側にルンバ用のスペースを設けるもおすすめです。
扉と床を15センチメートル以上離しておくと、扉がしまっている状態でもルンバが出入りできます。
しかし、クローゼットの内部にコンセントを設置することと、扉の開き具合によってはルンバが行きたい方向に進めないこともあるため注意してください。

□ルンバ収納で失敗しないための注意点をご紹介します!

ここまでは、ルンバ基地を作るのに適した場所について解説しました。
どこにルンバ基地を設ければ良いのかお分かりいただけたと思います。
次は、ルンバの収納場所を作る際に気をつけるべきポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

1つ目は、収納スペースがルンバと同じようなサイズだと戻らないことです。
冷蔵庫や炊飯器などは、本体と余白を設けて設置場所を考えれば良いのですが、ルンバの場合は本体と余白部分を考慮した設置場所を設けても、ホームベースまで戻ってこられないことがあります。
部屋の形状や設置する場所によって異なるため、スペースをどのくらい確保すれば良いのか決まっていないところが難しいポイントです。
収納スペースを作る際は、正しく戻ってこられるのかをしっかり確認しましょう。

2つ目は、クリーンベースタイプのルンバを今後使う場合です。
このタイプのルンバを使用する際は、専用のスペースを確保する必要があります。
ゴミを吸い上げてくれ非常に便利ですが、通常のルンバ用のスペースではおさまらなくなるので注意してください。

3つ目は、コンセントの高さと位置です。
基地を作る際に、可能な場合はコンセントを低めに設置してください。
クリーンベースを設けない場合は、高さのないルンバ基地の方が見えにくくなります。
巾木(はばき)にぶつからないように、またコンセントを差し込みやすいようにコンセントプレートを横向きにするのが1つの手です。

□まとめ

この記事では、ルンバの収納アイデアをご紹介しました。
現在ルンバの収納でお悩みの方はこの記事を参考にして、快適な住まいをつくりましょう。
当社は、たくさんのお客様に時間が経つにつれて価値が高まる家を提供しています。
柏市で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ