ルンバを収納する高さはどのくらい?基地の大きさについて解説します!

「ルンバを置きたいけどどこに収納すれば良いのか分からない」
「ルンバの基地はどのくらいの大きさが必要なのか知りたい」
こんなふうにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで、今回はルンバの大きさと、実際にどこにルンバを収納するのかをご紹介します。
柏市や古河市で注文住宅をお考えの方は必見です。

□ルンバごとの大きさとは

ルンバを収納するためには、ルンバの大きさを知っておかないといけませんよね。
実はルンバはたくさんのシリーズとたくさんの型番が販売されており、それぞれ、幅や重さが変わってきます。

そこで、以下でシリーズごとの大きさを高さと幅に分けて解説します。

*高さ

高さは全シリーズ共通して92ミリメートルです。
ベッドやソファを動かさずにもぐりこんで掃除できるように、高さが固定されています。
92ミリメートルは分かりやすいもので例えるなら、はがきの短辺が100ミリメートル、トイレットペーパーは114ミリメートルなので、それらより少し低いくらいです。

*幅

高さは共通していましたが、幅は機種によって異なります。
一番コンパクトであると34センチメートル、一番大きいものであると35.3センチメートルです。
最大と最小の差がわずか1センチメートルなので、そこまで気にしなくても良いでしょう。

大きめのフライパンが28から33センチメートルほど、長い方のラップの幅が30センチメートルなので、目安として考えましょう。

□ルンバの収納に必要なサイズとは

上でルンバの大きさについて触れましたが、ここで注意したいのが、収納に充電器の大きさを含めるのを忘れないことです。

高さは92ミリメートルですが、充電器の高さは110ミリメートルです。
ルンバの高さぎりぎりに収納を作って充電器が入らなかったということにならないようにしましょう。

ここで、上の必要な高さと幅をまとめると、基地に必要な最低限のサイズは幅約40センチメートル、高さ13センチメートルであることが分かります。

ぜひ、ルンバの基地づくりのお役立てください。

□実際にどんな基地を作れば良いのか

では、実際にどんな場所にルンバを収納すれば良いのでしょうか。
以下で収納例をご紹介します。

1つ目はニトリのカラーボックスの下です。
ニトリのカラーボックスは一番下の棚板も動かせるので、ルンバにぴったりのスペースが作れます。
また、一番下は使いづらいスペースなのでルンバの収納にぴったりでしょう。

2つ目はトローリーバスケットの下です。
収納に使えるトローリーバスケットの下も収納に使用できます。
移動が可能なのでどこにでもルンバを収納できるのもメリットでしょう。

3つ目はテレビボードの下です。
掃除してほしいリビングに一番近いテレビボードの下もルンバの収納場所に適しています。
また、ルンバはスピーカーやブルーレイディスクプレーヤーの高さとほぼ同じなので、テレビボードの下に両方収納できます。

4つ目は階段の下です。
デッドスペースになりがちな階段の下をルンバの収納場所にすれば、スペースを活用できます。
階段の蹴込板の部分に収納を作るのも良いですし、階段下にあたる部分の壁に収納を作るのも良いでしょう。

これらがルンバの収納例です。
ほとんどに共通しているのが、あまり使用しないデッドスペースを収納に活用している点です。
この点を抑えてスペースを十分に活用したルンバ基地を作りましょう。

何か分からないことがあれば、いつでも当社にご連絡ください。

□まとめ

ルンバの大きさと、実際にどこにルンバを収納するのかをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の失敗しないルンバ収納の手助けになれば幸いです。
また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ