注文住宅を考えている方に!依頼から受け渡しまでの流れを紹介します!

「注文住宅を建てるまでの流れと期間を知りたい」
「打ち合わせの時に何に注意すれば良いのか知りたい」
こんなふうにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで、今回は注文住宅を建てるまでの流れと期間と打ち合わせの注意点をご紹介します。
柏市や古河市で注文住宅を建てる際は参考にしてみてください。

□注文住宅を建てるまでの流れと期間とは

注文住宅を建て終えるまでの期間を知ることで、新生活に間に合わせるための注文住宅の依頼時期が分かります。
手順と期間をそれぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1つ目の手順として、予算検討とイメージづくりを行います。
まず、予算がどのくらいかけられるのかを計算してみましょう。
住宅ローンは年収の4から5倍が返済を無理なく行える目安です。

全体の予算を決めた後に、土地、建築費、引っ越し代などの諸費用にそれぞれどのくらいかけられるのかを決めましょう。
それぞれの予算が決まっていると、打ち合わせがスムーズに進みます。

次に、イメージ作りを行います。
間取りの事例集を見てみて、理想に近いものを保存しておいたり、外観デザインを決めておいたり、家族で話し合ってこだわりを決めておいたりすると打ち合わせがスムーズに済みます。

したいことを全てすると予算が足りなくなってしまいます。
そのため、ここだけはこだわりたい点と、妥協しても良い点の順位付けをしっかりしておきましょう。

2つ目の手順として、建築会社に依頼して、土地を選びましょう。
土地を決めていない場合は、土地を選びましょう。
土地選びから建築会社に相談すると、建てたい住宅を知っているため、広さや予算などお客様に合った土地を選んでくれます。

3つ目の手順として、間取りプランの提案と見積を掲示します。
実際に打ち合わせを行って、見積概算、資金計画書、簡単な間取り図を作ります。
建築の内容に満足がいった場合、工事請負契約を結びましょう。

もしもの場合を考えてキャンセルした際のキャンセル料金を調べておくと安心でしょう。

4つ目の手順として、詳細な打ち合わせとプランの決定を行います。
ここでようやく建物を建てるための打ち合わせを行います。
希望の住宅を詳細に建設会社に伝えるため、綿密に打ち合わせを行いましょう。

5つ目の手順として、新築工事に着工します。
いよいよ確定したプランで新築工事を行います。
完成を心待ちにしましょう。

6つ目の手順として、引き渡しを行います。
仕上がりを見て、気になる部分を修正した上で正式に引き渡しを行います。

これらが注文住宅の流れです。
6つ目の手順まで完了するには9か月から1年ほどかかるのが一般的です。
引っ越したい時期から逆算して依頼する時を見定めましょう。

□打ち合わせの注意点とは

打ち合わせが十分に行えないと、出来上がったら思った住宅でなかったという失敗に繋がりえます。
そのため、以下の点に注意して、打ち合わせを綿密に行いましょう。

1つ目は住宅ローンの事前審査は早めに終わらせることです。
ローンは申請が通るか通らないか分からないものです。
ローンが通ることを見越して予算をたてていたけど、申請したら通らず予算が大きく変わる場合があります。

できるだけローンの申請は早めに済ませておきましょう。

2つ目は予算の上限額を決めておくことです。
予算を決めておかないと、ついつい凝った間取りにしてしまって費用がかなりかかってしまいます。
そのため、土地、建築費、諸費用ごとに予算を決めておきましょう。

3つ目は不安な点は絶対に解消しておくことです。
大半の方が家づくりは初めてだと思います。
そのため、不安な点や分からない点がたくさんあるでしょう。
疑問が残りながら施工にとりかからないように、打ち合わせの段階で疑問点や不安な点をゼロにしておきましょう。

□まとめ

注文住宅を建てるまでの流れと期間と打ち合わせの注意点をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
この記事がお客様の満足のいく注文住宅づくりの手助けになれば幸いです。

また、この記事についてなにかご不明の点があればお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ