ルンバ基地の設置場所ってどこ?サイズを考慮した選び方をご紹介!

「新居にルンバを設置したいけどサイズはどのくらい必要なのだろう」
「ルンバのサイズを考慮した最適な基地の場所はどこだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、ルンバのサイズに合わせた最適な基地の場所についてご紹介します。
参考になれば幸いです。

□ルンバの設置場所の公式条件とは?

ルンバ基地の設置場所には、公式の条件があります。

・最もよく使う部屋に設置すること
・硬い床の上に設置すること
・前方に幅1.5メートル、奥行き2メートルの空間を確保すること
・平らで段差のない場所に設置すること
・階段の近くは避けること

これらの要件を満たした場所に設置するようにしましょう。

□ルンバ基地の置き場所を決める際はサイズに注意!

ルンバのサイズはどのくらいかご存じでしょうか。
ルンバのサイズを考える際は、基地の場所も考える必要があります。
ここでは、ルンバのサイズについてご紹介します。

ルンバのサイズは、高さ9.2センチメートル、幅約35センチメートルが一般的です。
しかし、サイズがわかっていても、ソファの下や椅子の脚の間などをきちんと掃除できるかわからなく不安に感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ルンバが掃除しやすい家具の広さについてお伝えします。

ルンバは9.2センチメートルあるため、家具の高さは10センチメートル以上確保するのがおすすめです。
10センチメートル未満の場合、家具の下で身動きが取れなくなってしまうこともあります。
微妙な高さの家具がある場合、家具を高くするかすき間を埋めてルンバが通れないようにするなどの対処をしましょう。
家具のすき間は40センチメートル以上確保すれば、問題なく走行できるでしょう。

ルンバを設置する場合、見た目もすっきりさせて、利便性も兼ね備えた生活の邪魔にならない場所にしたいですよね。
そこで、ルンバのサイズを考慮した最適な基地の場所についてご紹介いたします。

まずは、階段の1段目の下です。
リビング階段を導入したいとお考えの方は階段の1段目を基地にするのがおすすめです。
ルンバがうまくフィットし、すっきりとした印象になります。
また、人の邪魔にならないことやデッドスペースを活用できることも大きなメリットです。

2つ目は、収納の下です。
リビングやキッチン、洗面所、脱衣所などの収納棚の下にスペースを設けてルンバを収納します。
上部の収納スペースに他の掃除道具もあらかじめ入れておくことで家事の効率化にもつながります。
収納スペース内にコンセントを設置する必要があることは忘れないようにしましょう。

3つ目は、階段下の壁部スペースです。
階段下の側面に基地のスペースを設ける方法です。
階段下はデッドスペースになりがちなので、活用できると部屋もすっきりして見えます。
また、高さのあるクリーンベース付きのルンバでも収納できることはメリットと言えるでしょう。

4つ目は、洗面台の下です。
洗面台の下に扉や引き出しを設置して収納スペースにする方も多いと思います。
しかし、あえてその収納スペースの下部を開けてルンバ基地にすると目に入らず収納できるためおすすめです。
この際、足元が邪魔にならないよう、充電中のルンバの奥行きよりも洗面台の奥行きを長めにしましょう。

5つ目は、小上がりの下です。
スキップフロアと呼ばれる小上がりの側面に設置してみても良いでしょう。

□まとめ

今回は、ルンバ基地のサイズについてご紹介しました。
ルンバ基地の公式条件に当てはまる場所かつ、邪魔にならない場所を選び、快適に使用しましょう。
当社はルンバ基地に最適な場所をご提案いたします。
古河市や柏市でルンバ基地の場所にお悩みの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ