注文住宅の内装にお悩みの方必見!決め方と注意点について解説します!

「注文住宅を建てる際はおしゃれな内装にしたい」
「おしゃれな内装にするためのポイントには何があるのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、注文住宅を建てる際におしゃれな内装にするための決め方やポイントについてご紹介します。

□注文住宅を建てる際の内装の決め方をご紹介!

内装がおしゃれに仕上がっていると気分も良く、快適に過ごせますよね。
そこでここでは、おしゃれな内装にするための決め方についてご紹介します。

まずは、テイストを決めることです。
ナチュラルテイスト、和テイスト、モダンなどさまざまな種類のテイストがあります。
統一感のあるコーディネートを完成させるために、インターネットなどで好みのインテリアを見つけ、それに合った内装材や設備を決めていきましょう。
家具や家電も内装のテイストに合ったものを選ぶと良いでしょう。

次に、使用する色を3色以内にすることです。
内装に使用する色は、一部屋につき3色以内にすると良いでしょう。
この際、ベースカラー、メインカラー、アクセントカラーの割合を意識して組み合わせるとおしゃれな内装になります。

最後に、異素材を組み合わせることです。
全て同じ材質の製品を選ぶよりも、複数の材質の物を一つの部屋に取り入れると奥行きがうまれ、いきいきとした印象になります。

□内装を考える上で知っておくべきポイントとは?

内装を考える上で大切なポイントを4つご紹介します。

1つ目は、失敗事例を知っておくことです。
例えば新築の場合、コンセントの数の不足やクローゼットの間口、部屋のスペース配分などで後悔したと感じる方が多いです。
そのため、間取り図を見ながら家電の配置やどのような荷物を収納したいのかを考えることが大切です。

2つ目は、壁材です。
壁材には、クロス、塗り壁、無垢材、壁タイルなどの種類があります。
すべて異なるメリットやデメリット、特徴を持っているので、ご自身の家にどれを使いたいのか設計士と相談しながら決めると良いでしょう。

3つ目は、床材です。
床は内装の中でも大きな面積を占めるため、床材は内装の印象に大きく影響します。
床材には無垢フローリング、複合フローリング、クッションフロア、コルクタイルなどがあります。

おすすめの床材は無垢フローリングです。
こちらは調湿、保湿性に優れており、肌触りも良いです。
温かみのある室内空間にもなるので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

4つ目は、収納です。
収納スペースを狭くして、居室スペースを広く取ろうとすると収納スペースがなくて困ってしまいます。
収納スペースが狭いと部屋の中が片付かず、すっきりとした家を保てません。
収納スペースで困らないように、ご自身の荷物で収納したいものを明確にし、場所の確保をしましょう。

□おしゃれな内装にするためのコツをご紹介!

内装をおしゃれにするためのコツについてご紹介します。

まずは、色の組み合わせです。
上記でもご紹介したように、部屋の印象は部屋全体の配色によって大きく変わります。
部屋全体の配色に統一感を持たせること、配色の配分、家具や建具と床の色との相性などを確認しておきましょう。

次に、照明です。
おしゃれな印象にしたい場合は、照明にこだわってみるのもおすすめです。
直接照明だけでなく、ダウンライトや間接照明を組み合わせると高級感を演出できます。
生活に不便の出ない範囲で照明を考えてみましょう。

□まとめ

今回は、内装の決め方についてご紹介しました。
内装をおしゃれにしたいという方は今回ご紹介した内容を参考に、内装を決めてみてください。
また、内装を決める際は床や壁の相性などを考えることでうまくいくでしょう。
柏市や古河市の注文住宅をお考えで、内装にお悩みの方はぜひ当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ