注文住宅でリビングを選ぶ際の注意点とは?専門家がご説明します!

注文住宅をお考えで、リビングの設計にお悩みの方はいらっしゃいませんか。
リビングは1日の中でも長い時間を過ごすため、快適な空間にしたいですよね。
そこで今回は、快適なリビングをつくるコツや注意点についてご紹介します。
参考になれば幸いです。

□快適なリビングをつくる要素とは?

快適なリビングと聞くとどのようなことを思い浮かべるでしょうか。
インテリアやレイアウトは好みが人それぞれですが、多くの人が「明るく解放感のあるリビング」を思い浮かべるでしょう。
こういった快適なリビングをつくるためには「広さ」と「明るさ」を兼ね備えることが必要です。

ここでいう「広さ」は床面積だけを指すのではありません。
家具のレイアウトや窓の広さ、カラーリングなどさまざまな要素によって演出されます。
そのため、床面積が広くないからといって快適なリビングを実現できないというわけではありません。

多くの方が快適なリビングにしたいとお考えでしょう。
そこで、快適なリビングをつくるポイントについて確認していきましょう。

□快適なリビングづくりで失敗しないためのポイントとは?

「快適なリビングをつくりたいと思っていたのに、失敗してしまった」ということは避けたいですよね。
そこでここでは、リビングを作る際に失敗しないためのポイントをご紹介します。

1つ目は、デメリットをしっかりと把握しておくことです。
間取りを考える段階でデメリットにもしっかりと目を向けておきましょう。
どのような間取りにしてもデメリットは発生します。
メリットばかりを考えていると、住み始めてから不満が出てきて、日常生活でストレスとなる可能性があります。

デメリットをあらかじめ把握しておくことで、間取りに合わせた改善策を同時に考えられるでしょう。
住み始めてから後悔しないように、メリットとデメリットの両方を把握しておきましょう。

2つ目は、テレビとテーブル、ソファの適正な距離を取ることです。
これらの家具を置く際は、十分なスペースを確保することが必要です。
リビングにゆとりがある場合は、配置スペースを広めにとりゆとりを持たせることがおすすめです。
逆にリビングが狭い場合は、テーブルを置かないなどの工夫をし、適度に距離を開けるようにしましょう。

3つ目は、コンセントの位置を確認しておくことです。
テレビなどの電化製品をリビングに設置する際は、コンセントの位置をあらかじめ確認しておきましょう。
使いたい場所にコンセントがないと、一からレイアウトを考え直す必要も出てきてしまいます。

□リビングを便利かつおしゃれにするためのポイントとは?

理想のリビングにするコツについてご紹介します。

1つ目は、窓の形と配置にこだわることです。
窓はお部屋の開放感にもつながってきます。
そのため、窓の形状や配置もリビングのデザインに大きく影響を与えます。

大きな窓は自然光や風をたっぷり採り入れ、リビングを広く見せてくれるでしょう。
一方、外から見えやすくもなるため、プライバシーに配慮してどのような形や配置にするか決めましょう。

2つ目は、開放感を演出することです。
リビングが広々としていると居心地がよくなります。
大きめの窓や吹き抜けなどを活用して、実際の床面積よりも開放感のあるリビングを設計できると良いでしょう。
床面積を確保できない場合は、明るいカラーで内装を統一することがおすすめです。

□まとめ

今回は、快適なリビングをつくる要素や注意点についてご紹介しました。
快適なリビングをつくるには広さと明るさを十分に確保することが必要です。
また、今回ご紹介した注意点も参考にし、開放感のある快適なリビングを設計しましょう。
柏市や古河市でリビングの設計でお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ