注文住宅でキッチンを決める際の注意点とは?プロが解説します!

注文住宅をお考えで、キッチンをどのように決めれば良いかでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
キッチンは1日の中でも多くの時間を過ごす場所なので、できるだけ快適にしたいですよね。
そこで今回は、キッチンを決める際の注意点についてご紹介します。

□注文住宅におけるキッチンでの失敗例とは?

キッチンは毎日使う場所のため、失敗したくないですよね。
そこでここでは、キッチンの失敗例をご紹介します。
失敗例を参考にし、後悔のないキッチンにしましょう。

1つ目は、調理家電のアンペア数が足りずに後悔した例です。
炊飯器や電子レンジ、トースター、コーヒーメーカーなどキッチンではさまざまな家電を使用しますよね。
しかし、コンセントは一度に2つまでしか使えなかったり、アンペア数が足りず同時に使用するとブレーカーが落ちてしまったりすることがあります。
そのため、キッチンにはできるだけ多くコンセントをつけておくと良いでしょう。

2つ目は、ゴミ箱の置き場所です。
ゴミ箱は、燃えるゴミ、燃えないゴミ、ビン・カンなどで最低でも3つ以上必要です。
これらをどこに置くか考えていないとゴミが散乱してしまう可能性があります。
そのため、ゴミ箱の置き場所を考え、収納できるようにしておきましょう。

3つ目は、パントリーです。
パントリーをせっかくつけても奥行きが足りずに後悔してしまうことがよくあります。
棚の奥にある食材がとりにくくなってしまったということが多いので、何を入れるかあらかじめ考えておき、大きさを決めましょう。

□キッチンを選ぶ際に考慮すべきポイントをご紹介!

キッチンにはさまざまな種類があるので、どうやって選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、選び方のポイントをご紹介します。

1つ目は、調理スペースの大きさを考えることです。
システムキッチンの場合、コンロ、シンク、収納、調理スペースで構成されており、選ぶ際はシンクやコンロが重視されがちです。
しかし、これらを重視した結果、調理スペースが狭く料理がしにくいと感じることもあります。
そのため、調理スペースの幅は少なくとも60センチメートル以上確保するようにしましょう。

2つ目は、キッチンの通路スペースを考えることです。
キッチンで調理をする際に、動きやすいかどうか、レイアウトを考えることは非常に大切です。
基本的に、広めに通路を取るのがおすすめです。
幅が十分にない場合は、キッチンの奥行きを縮めるなどの工夫を行いましょう。

3つ目は、キッチン全体のレイアウトを考えることです。
キッチンが広すぎると配置に間隔があき、調理中の移動距離が長くなり使い勝手が悪いと感じてしまうことがあります。
また、冷蔵庫や食器棚の配置場所によっても使いやすさは変わります。
そのため、どのように配置すると動きやすいのか、キッチン全体のレイアウトを考えましょう。

□キッチンをさらに使いやすく!

キッチンを使いやすくする工夫やこだわりについてご紹介します。

まずは、キッチンの種類です。
小さなお子様がいたり、コミュニケーションを重視したかったりする場合は、対面キッチンがおすすめです。
対面キッチンは子供やリビングにいる人の様子を見ながら調理できるため、家族とコミュニケーションをとりやすくなります。

次に、収納です。
食器や料理器具、家電などキッチンに置く物は多くあります。
そのため、収納スペースを多めに確保し、キッチンの見た目がすっきり見えるようにすると良いでしょう。

他にも、シンクの下にゴミ箱を隠した例もあります。
こうすることで、作業をしながらゴミを捨てるのが容易になったり、見た目がすっきりしたりします。

□まとめ

今回は、注文住宅のキッチンを決める際の注意点についてご紹介しました。
キッチンは毎日使う場所なので、快適に過ごせるように工夫しましょう。
柏市や古河市でキッチンについてお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ