注文住宅をお考えの方に向けて!風通しの良い間取りを実現するには?

注文住宅をご検討中で、「風通しの良い家にしたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
風通しは、快適な生活を送る上で大切な要素となります。
そこで今回は、風通しの良い間取りを考える際の注意点についてご紹介します。
ご参考になれば幸いです。

□風通しの良い家にするには?

空気の流れがよく、自然の風が通り抜けている家は心地良いですよね。
また、風が吹き抜けると自然の風を感じる快適な暮らしになります。
このような風通しの良い家の要素として大切なものは2つあります。
ここでは、その2つの要素についてご紹介します。

1つ目は、窓の配置です。
窓の配置が良ければ、家中に自然の風を取り入れられるでしょう。
夏でも窓を開けて、適度に自然の風を取り入れられると、省エネにもつながります。

また、室内の空気が循環すると、カビなどによって建物を傷めることも防げます。
自然の風をうまく取り入れ、居心地の良い快適な空間を作りましょう。

2つ目は、換気扇です。
住宅密集地やマンションなど、窓の数が少なかったり、位置が限られていたりする場合もありますよね。
その場合は、換気扇を設置することで、窓の数が少なくても空気が循環し、風の流れが良くなります。
思った通りに窓を配置できない場合は、換気扇を設置してみましょう。

□風通しが良いとどんなメリットがある?

風通しの良い家はどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、風通しの良い家のメリットについてご紹介します。

1つ目は、リラックスできることです。
風にもさまざまな種類があり、やわらかい風や春の訪れを感じられるものなどを経験したことがある方もいるでしょう。
風通しの良い家は、こういった日本ならではの四季を体感でき、精神的にリラックスできます。

2つ目は、湿度の調整ができることです。
高温多湿な日本においては、家の持つ機能として湿度の調整は不可欠と言えるでしょう。
ダニやカビの発生と湿度は密接な関係があるため、適度な湿度を保つために風通しは必要です。

3つ目は、においやほこりの排出ができ、健康的な家になることです。
部屋にこもったにおいやほこりを排出してくれるのも風通しの大切な役割です。
風通しを良くすることは健康的な生活を保つためにも必要です。

□風通しの良い間取りを考える際の注意点とは?

ここまで、風通しの良い間取りを考える大切さについてご紹介しました。
しかし、風通しを優先しすぎても問題があります。
ここでは、風通しを考える際に注意すべきポイントについてご紹介します。

1つ目は、防犯面を考慮することです。
窓が多すぎても防犯面で問題が起こります。
例えば、塀の近くにある窓は死角になりやすく、空き巣に狙われやすくなってしまいます。
対策として、死角となる場所に窓を設けないことや二重窓にすること、面格子をつけることなどを行うと良いでしょう。

2つ目は、プライバシーを配慮することです。
道路からの視線、隣の家との距離や窓の配置などを確認しておきましょう。

3つ目は、目的や求める効果を考えて窓を選ぶことです。
窓はデザイン性だけでなく、その性能や効果を考えて選ぶ必要があります。
窓を計画する際は、「このタイプの窓がこの場所にあればどうか」を考えながら選ぶようにしましょう。

4つ目は、耐震性・断熱性も頭に入れることです。
窓が多くなると耐震性や断熱性が下がることもあります。
そのことも考慮しながら窓の配置や数を決めましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の風通しについてご紹介しました。
窓の位置は快適な生活を送る上で大切です。
注文住宅を建てる際は、風通しを考えながら窓の配置やタイプを考えましょう。
柏市や古河市で、注文住宅の窓にお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ