注文住宅にルンバ基地を設置するメリットとは?注意点も解説します

注文住宅を建てる際にルンバを購入しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
その場合、ルンバ基地についても考慮する必要があります。
なぜなら、ルンバは非常に便利ですが、収納場所を考えていない場合後で後悔するかもしれないからです。
そこで今回は、注文住宅にルンバ基地を設置するメリットと注意点を解説します。

□ルンバ基地を設置するメリットとは

ルンバ基地とは、ルンバの収納場所のことを指します。
ルンバは、主に人がよく行き来するゴミのたまりやすい場所で使用されます。
さらに、床に置いておくと非常に邪魔になることが多いです。
そのため、どこかに収納することをおすすめします。
そこでここでは、そんなルンバの収納場所であるルンバ基地のメリットを3つご紹介します。

1つ目は、ルンバを使用しないときに邪魔にならないことです。
上記の文章につながるのですが、ルンバは直径35センチメートルほどあるため、そのまま床においておくと邪魔になってしまいます。
ご家庭に小さなお子様がいらっしゃる場合、お子様がルンバに足を引っ掛け怪我をする可能性があるので、ルンバ基地があると安心できますね。

2つ目は、ルンバを置きっぱなしにしないことでリビングがすっきりすることです。
ルンバはそこそこ大きいため、床に置いておくと非常に目立ちます。
動いているときは良いのですが、ただ置いてあるだけの場合、せっかくのきれいなリビングが散らかっているように見えてしまいもったいないです。

3つ目は、ルンバの上にホコリがたまりにくくなることです。
せっかくルンバで掃除をしていても、ルンバが通ったところにルンバの上に乗っていたホコリなどが落ちてしまうと、効率が悪いですよね。
ルンバ基地を作って、しっかりそこに収納することでルンバ自体が汚れないようにしましょう。

□ルンバ基地を設置する場所の注意点とは

ルンバ基地には多くのメリットがあるので、もうすでに設置をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、ルンバ基地には設置場所について、3つの注意点がありますので、こちらもご覧になってから検討することをおすすめします。

1つ目は、メインの部屋に設置することです。
ルンバは基本的に1部屋のみ掃除が可能です。
そのため、他の部屋も同時に掃除させようとすると、途中で充電がなくなり掃除が中途半端になる場合があるでしょう。
これを防ぐためにも、メインとなる1部屋だけに掃除を集中させることをおすすめします。

2つ目は、平らでかたい床の上で、後ろが壁である場所に設置することです。
起毛があるカーペットの上では、ルンバは進みづらく基地に帰還ができない可能性があるのでおすすめできません。
さらに、毛糸を多く吸い込むことで故障の原因になる可能性もあります。

ほかにも、ルンバは基地に戻ったときに少しだけ基地にぶつかるため、壁から離れた位置に基地を設置してしまうと、基地が動いてしまい、うまく戻れない可能性があります。
これを避けるためにも、ルンバ基地は壁にそって設置しましょう。

3つ目は、充電器の赤外線を妨げないように設置することです。
ルンバ基地は赤外線を用いてルンバに自らの位置を知らせているため、この間に赤外線を妨げるものがあると、ルンバは基地に帰還できません。
前方が2メートル、幅が1.5メートルほどのスペースを設け、赤外線の障害物となるものを置かないように気をつけましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅にルンバ基地を設置するメリットと注意点を解説しました。
ルンバは大変便利なものですが、設置の際には注意点にも考慮しましょう。
注文住宅を検討中で、どのようにルンバ基地を設けるべきなのかわからないといった悩みをお持ちの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ