新築にあると便利なものって?暮らしを快適にする設備についてご紹介

「新築を建てようと考えているが、どんな設備が新築にあると便利なのか」
このようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
新築にあることで、新築での暮らしを非常に快適にできる設備がいくつかあります。
そこで今回は、新築にあると便利なものについてご紹介します。

□新築にあると便利なものとは?

ここでは、新築にあると便利なものをキッチンと玄関に着目してご紹介します。

まず、キッチンにあると便利な設備は3つあります。

1つ目は、ビルトイン食器洗い乾燥機です。
同居している家族がいると、その人数分の食器を洗う必要があるため、食器洗いには多くの時間と手間がかかりますよね。
そこでおすすめしたいのが、ビルトイン食器洗い乾燥機です。
ビルトイン食器洗い乾燥機は、食器洗いから乾燥まで全部してくれるので、食器洗いや食器を拭くのにかかる時間を他のことに回せます。

2つ目は、シンクやコンロの下の引き出しです。
シンクやコンロの下の収納スペースが開き戸式になっている方も多いですが、開き戸式の場合はかがんで正面から収納スペースを見る必要があるので奥が見えづらくなります。

一方で、シンクやコンロの下の収納スペースが引き出し式である場合は、収納スペースを上から見下ろせるため奥までしっかりと見えますし、かがむ必要もありません。
それゆえ、シンクやコンロの下の収納スペースを引き出し式にすると便利になります。

3つ目は、2段のサポートシンクです。
シンクの上に2段のレールを設け、それぞれの上にプレートを載せることで、調理するためのスペースをより広げられます。
また、下の段に皿を置くと上の段で調理した具材をスムーズに下の段の皿に盛れますし、下の段が汚れている場合簡単に洗い流せるので、2段のサポートシンクは非常に便利で効果的です。

次に玄関にあると便利な設備を3つご紹介します。

1つ目は、電気錠です。
電気錠が備わっていると、カードや暗証番号、リモコンで開錠できます。
そのため、鍵を探す必要がなく楽に開錠できます。

2つ目は、採風ドアです。
採風ドアがあることで、絶えず新鮮な空気が家の中に入り、空気の循環が良くなります。
それゆえ、カビが生えにくくなるため採風ドアもあれば効果的です。

3つ目は、モニター付きインターホンです。
モニター付きインターホンがあれば、外に出る前に誰が来たのかを確認でき、またモニターを通じて応対できるので、お子様が1人で留守番をしていても心配ありません。

□設備で失敗しないためのポイントとは?

*機能をどこまでこだわるか決めておく

新築の設備は、オプション次第で様々なものを備え付けられます。
しかし、設備によっては住み始める前は魅力的に感じていた設備でも、実際に住み始めるとほとんど使われない設備があります。
設備がほとんど使われない場合、それを備え付けるのにかかったコストが勿体なくなります。
このようなことを避けるためにも、機能をどこまでこだわるか決めておきましょう。

*コンセントの位置と数に注意する

コンセントが足りないと困りますよね。
しかし、そのことを考慮してコンセントの数を多くしすぎると、家具に干渉してしまいます。
そのため、コンセントの数は多すぎることや少なすぎることがないよう注意する必要があります。

また、スマートフォンやパソコンなどの置き場所を考えてコンセントの位置を決めなければ、後悔することになるのでコンセントの位置にも注意しましょう。

*家具を計画的に配置する

お子様がピアノを習い始めピアノを購入した場合に、他の家具や建具、窓の配置の関係上ピアノを置く場所が確保できないということがあります。
このようなことを避けるためにも、将来大きな家具を購入して部屋に配置することを念頭に置いて、家具を計画的に配置する必要があります。

□まとめ

今回は、暮らしを快適にする便利な設備についてご紹介しました。
注文住宅をご検討中の方は、ぜひ今回ご紹介した設備を取り付けてみてください。
当社は、住まいづくりのご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ