新築時にはウッドデッキを設置するべき?メリットをご紹介します!

新築で家を建てようとご検討されていて、ウッドデッキを取り入れるかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
反対に、ウッドデッキを取り入れることでどのようなメリットがあるのかわからないという方もいらっしゃると思います。
そのため、本記事ではウッドデッキのメリットについてご紹介します。

□ウッドデッキとは

メリットについてご紹介する前に、まずはウッドデッキとは何なのかについてご紹介します。

ウッドデッキとは、屋外に設置する木製のテラスのことです。
一般的な住宅ではリビングとお庭の間に設置されることが多く、家の高さと合わせるように平らに設置されることからその名前がつけられました。
基本的に、ウッドデッキはエクステリアの一部として扱われるため、設置する場合は建築費用とは別に費用がかかることに注意してください。

次に、ウッドデッキで使用される木材の種類についてご紹介します。
基本的に、ウッドデッキでは以下の2種類が使われています。

1つ目は、天然木材です。
天然木材にも様々な種類がありますが、どれも高級感があり、交換や修繕も簡単です。
また、天然木材は直射日光にさらされても高温にならず、寒い中でも冷たくなり過ぎないことがメリットとして挙げられます。

2つ目は、人工木です。
人工木は、木に近い質感で作られた人工物であり、耐久性や耐候性に優れています。
また、メンテナンスが簡単なことや腐食する可能性がないこと、シロアリの被害を受けないことなどがメリットとして挙げられます。

□ウッドデッキのメリットについて

次に、ウッドデッキのメリットについてご紹介します。
本記事では3つのメリットをご紹介します。

1つ目は、洗濯物が干しやすくなることです。
お庭で洗濯物やお布団を干しているという方も多いのではないでしょうか。
その際に、洗濯カゴを持っている場合や大きなお布団を持っている場合は足元や前が見えづらくなってしまい、転びそうになることがあるでしょう。
しかし、ウッドデッキを取り入れることで段差がなくなるため、洗濯物が干しやすくなります。

2つ目は、リラックススペースになることです。
ウッドデッキは、ご家族とのリラックススペースとしても活用できます。
小さなお子さんがいてなかなか家を空けられないというご家庭でも、ウッドデッキにガーデンセットを置くことで、自宅にいながらカフェ気分を味わえます。

3つ目は、コミュニケーションの場として活用できることです。
ウッドデッキはバーベキューを行ったり、夏にはプールを置いてお子さんと一緒に遊んだりできるため、ご家族とコミュニケーションするための空間にもできます。
また、ウッドデッキで食事をするなど日常の一部として活用するのも良いでしょう。

□ウッドデッキを取り入れる前に確認したいことについて

次に、ウッドデッキを取り入れる前に確認したいことについてご紹介します。
ウッドデッキを取り入れたいという方は以下のことをしっかりと確認しましょう。

1つ目は、目的を明確にすることです。
なぜウッドデッキを取り入れるのかという目的を明確にしていないと、実際に取り入れたときにうまく活用できない可能性があります。
そのため、洗濯物を干す場所にするのか、外でのリラックスタイムを楽しむ場所にするのかなど目的を明確にしておきましょう。

2つ目は、使用する木材を決めることです。
上記でご紹介したとおり、ウッドデッキに使用される木材には天然木材と人工木の2種類あります。
そのため、どちらの木材を使用するのかについて、両者のメリットとデメリットを比較して決めておきましょう。

□まとめ

本記事では、ウッドデッキのメリットについてご紹介しました。
ウッドデッキでやってみたいことがあるという方は、ぜひ取り入れることをご検討ください。
また、当社は柏市で住宅会社として注文住宅の施工を承っておりますので、新築で家を建てたいという方はお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ