ルンバ基地は階段下に作るべき?解説します!

「ルンバの収納場所はどこがいいのだろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
ルンバの置き場所には意外とスペースが必要で、すっきりとした見た目にならないため、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、ルンバの収納場所についてご紹介します。

□ルンバとは?

ルンバとは何か簡単にご紹介いたします。

ルンバとは、アイロボット社が発売したお掃除ロボットのことを指します。
世界で累計2500万台以上を出荷しているほど高い人気を誇っています。

ルンバは、基本的に手あたり次第掃除するシンプルなアルゴリズムを使って設計されています。
しかし、最新のルンバの中には部屋の間取り図を作成して掃除する能力を持ち合わせたものも発売されています。
操作が簡単で、掃除したい部屋に持って行ってボタンを押すだけで掃除してくれます。
また、基本的に給電が必要になると自分で基地に戻るため手間もかかりません。

□ルンバの収納スペースのサイズはどのくらい?

ルンバには本体の他に、給電のための基地が必要です。
その基地のサイズはどのくらい必要か気になるという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、ルンバの収納スペースのサイズについてご紹介します。

まず、ルンバ本体のサイズについて解説します。
ルンバの本体は高さが9.2センチメートル、幅は約35センチメートルです。
幅は機種によって1センチメートル程度異なりますが、高さは全機種同じとなっています。

収納スペースがぎりぎりのサイズの場合、ルンバがぶつかって帰還しづらくなってしまいます。
そのため、少し余裕を持って設計してあげましょう。

また、充電器のサイズについてですが、幅は12センチメートル程度とルンバよりも狭くなっています。
その分、高さと奥行きには注意が必要です。

充電器の高さは、約10センチメートルです。
充電器の上部から赤外線が出ており、それを感知してルンバは基地へと戻ります。
そのため、高さはぎりぎりにならない方が良いでしょう。

また、ルンバと接続した際に出っ張る部分の奥行きは5センチメートルです。
この部分を考慮しないと、収納の外にルンバが出てしまうこともありますので、気をつけましょう。

ルンバとルンバの充電器のサイズについてご紹介しました。
収納スペースのサイズを考える際には、これらのサイズを参考に考えることが大切です。

□ルンバのサイズを考慮した最適な基地の場所とは?

では、ルンバのサイズを考慮して基地をつくる場合に最適な場所はどこでしょうか。
ここでは、最適な基地の場所をご紹介します。
家を建てる際にあらかじめルンバの収納場所を考えておくことで、すっきりと収納できるでしょう。

1つ目は、階段の1段目の下です。
リビング階段を導入する場合、階段の1段目の下にスペースを設けるとルンバ基地として活用できます。
ルンバがうまく入り、見た目がすっきりとする上に、人の邪魔になりません。
デッドスペースになりがちな階段下をうまく活用できるのもメリットと言えるでしょう。

2つ目は、収納の下です。
リビングやキッチン、洗面所などの収納棚の下にスペースを設け、ルンバの基地を設けます。
この際、収納スペースの中にコンセントを設置する必要があるため、検討している場合は早めに施工会社に相談しましょう。

3つ目は、階段の側面です。
階段下に設置するのも良いですが、側面にスペースをとって基地にしても良いでしょう。

□まとめ

今回は、ルンバとは何かや、基地の設置場所についてご紹介いたしました。
ルンバをお持ちで、家づくりの際にルンバ基地を作る場合は、あらかじめ基地の場所を考えておくことですっきりとした収納になるでしょう。
柏市で新築の家をつくりたいとお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ