家づくりはランニングコストを考えることが大切!詳しく解説します!

家づくりをご検討されている方は、ランニングコストの重要性をご存じでしょうか。
ランニングコストとはどのようなものか知らないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、本記事では家づくりにおけるランニングコストについてご紹介します。

□ランニングコストとは

まずは、ランニングコストとはどのようなものかについてご紹介します。

ランニングコストとは、毎月かかる費用のことです。
具体的には、維持費用や修繕費用、光熱費、駐車場代などが挙げられます。
ランニングコストは、家のつくりによってかなり異なるため、そのような点からも家のつくりは非常に重要です。

また、ランニングコストと似ている言葉としてイニシャルコストというものがあります。
これは、初めにかかる費用のことで物件購入費用や、ローン保証料、登記費用、火災保険料が挙げられます。
新築を建てる際、イニシャルコストを抑えたいという方が多いですが、ランニングコストもしっかり考慮して家づくりをすることが大切です。

□ランニングコストを抑えるためには

次に、ランニングコストを抑える方法についてご紹介します。
本記事では4つの方法をご紹介します。

1つ目は、高気密高断熱の住宅にすることです。
気密性と断熱性の高い住宅にすることで、冷暖房を使用する必要が少なくなるため光熱費を抑えられます。
また、家全体の温度が一定になるため、一般的な住宅と比較しても快適な住空間を生み出せます。

2つ目は、外壁をメンテナンス不要のものにすることです。
具体的には、タイルや塗り壁、樹脂系のサイディングなど、比較的メンテナンスをする必要が少ないものを選びましょう。
これらを選ぶことで外壁の修繕費用を減らせます。
しかし、上記の壁材もメンテナンスが全くいらないというわけではないため、注意してください。

3つ目は、間取りを工夫することです。
具体的には、コンパクトな設計にすることや、通風や採光の取り入れ方を工夫することなどが挙げられます。
どのような間取りにすることでランニングコストが抑えられるかは、ぜひ住宅会社に聞いてみましょう。

□ZEH住宅について

最後に、ZEH住宅についてご紹介します。
みなさんはZEH住宅をご存じでしょうか。
本記事ではZEH住宅の概要や特徴などについてご紹介します。

まずは、ZEH住宅とは何かについてご紹介します。
ZEH住宅とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称であり、消費するエネルギーを減らして、つくるエネルギーを増やすことで消費エネルギーを上回ることを目指した住宅のことです。
政府は、2020年までに新築の注文住宅の半数以上をZEH住宅にして、2030年には新築住宅の平均でZEH住宅の実現を目標としています。

次に、ZEH住宅の特徴についてご紹介します。
ZEH住宅は、消費するエネルギーを削減するために省エネに関する設備を取り入れていることが特徴として挙げられます。
また、太陽光発電などのエネルギーをつくる設備を取り入れることも特徴の1つです。

次に、ZEH住宅で暮らすメリットについてご紹介します。
本記事では2つのメリットをご紹介します。

1つ目は、光熱費が抑えられることです。
太陽光発電などを取り入れることで、電力会社から購入する電気量を削減できるため光熱費を抑えられます。
そのため、ランニングコストを抑えたい方におすすめです。

2つ目は、補助金がもらえることです。
国が定めた基準を満たすと、国から補助金がもらえます。
また、蓄電池を設置することで最大30万円の補助金がもらえます。

□まとめ

本記事では、ランニングコストについてとZEH住宅についてご紹介しました。
ZEH住宅はランニングコストを抑える住宅としておすすめです。
ランニングコストを抑えたい方は、ZEH住宅にすることをご検討ください。
また、当社は柏市で住宅会社として新築住宅の施工を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ