新築で太陽光発電を取り入れたい方へ!メリットをご紹介します!

新築の家を建てたいとお考えで、太陽光発電を取り入れることをご検討されている方はいらっしゃいませんか。
近年ではエコな住宅づくりをされる方が増えているため、太陽光発電を取り入れたいという方も増えているのではないでしょうか。
本記事では、太陽光発電を取り入れたいという方に、そのメリットについてご紹介します。

□太陽光発電とは

太陽光発電のメリットをご紹介する前に、まずは太陽光発電とはそもそも何なのかについてご紹介します。

太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを用いて発電を行うシステムです。
太陽のエネルギーはとても大きく、枯渇することがないため非常に期待されている再生可能エネルギーの1つです。
住宅に取り入れる太陽光発電は一般的に、ソーラーパネルを屋根などに設置して発電を行います。

また、世界で初めて太陽光発電が使用されたのが、1958年の人工衛星であり、燃料が届かない宇宙で電源として使用されていました。
現在では環境保全の観点から世界中の国々が太陽光発電の取り込みに注力しています。

□太陽光発電を取り入れるべき理由について

次に、太陽光発電を取り入れるべき理由についてご紹介します。
本記事では3つの理由をご紹介します。

1つ目は、省エネが当たり前になる時代が来るからです。
地球温暖化をはじめとした環境問題は年々進行しており、私たちの生活に影響を与えています。
私たちや次の世代の未来を守るためには、普段の生活から省エネを進める必要があります。

太陽光発電は取り入れるのに費用がかかるため、節約効果があるかどうかがよく議論されます。
しかし、地球環境を守るという観点からいうと、取り入れることがおすすめです。

2つ目は、蓄電池や電気自動車の普及が進んでいるからです。
今後は蓄電池や電気自動車などの電気を用いた技術の発展と製品の普及が進むことが予想されます。
昼間に発電した電気を電気自動車に蓄電して、夜間に電力として活用する開発なども進んでおり、全ての電気を太陽光発電で発電した電気でまかなうことも将来的には考えられるでしょう。
そのような観点から捉えると、太陽光発電は取り入れるべきであると言えます。

3つ目は、省エネ基準が義務化される可能性が高いからです。
国土交通省は2020年に省エネ基準適合の義務化を進めていましたが、準備期間が不足しており、消費者や事業者の混乱が発生する可能性があったため見送られました。
しかし、今後改めて義務化される可能性は十分にあります。

新築を建てることを検討している際に義務化されると、許可が下りずに建物を建てられないなどのトラブルが発生してしまう可能性があります。
いつ義務化が始まっても良いように、太陽光発電などのエコ設備を取り入れることを検討する方が良いでしょう。

□太陽光発電のメリットについて

最後に、太陽光発電のメリットを2つご紹介します。

1つ目は、光熱費を削減できることです。
太陽光発電で発電した電気を使用することで、電気会社からの電力購入料を削減できます。
また、電気の料金単価は最大需要電力によって決定されるため、電気料金の削減も期待できます。

2つ目は、余った電気を売電できることです。
余剰売電型の太陽光発電を取り入れると、余った電力を電力会社に売電できます。
余剰売電型の場合、発電した電気の自家消費による光熱費の削減と、余剰売電の売電収入が見込めます。
しかし、売電価格は年々下がっているため売電収入はあまり大きな金額にならない可能性が高いことには注意が必要です。

□まとめ

本記事では、太陽光発電とは何か、取り入れるべき理由、メリットについてご紹介しました。
太陽光発電が必須の住宅設備の1つとして扱われる時代が来るかもしれません。
太陽光発電を取り入れて、省エネな住宅をつくりましょう。
また、当社は柏市の方からの依頼を募集しておりますので、お気軽にご連絡ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ