ルンバの基地をクローゼット内に設けるのは良いのかどうか解説します!

注文住宅を建てようとご検討されていて、ルンバをお持ちの方、あるいは購入をご検討されている方はいらっしゃいませんか。
ルンバを取り入れることで掃除の手間が省けますが、基地の設置場所は悩みますよね。
そのため、本記事ではルンバ基地の設置場所はどこが適切なのかご紹介します。

□クローゼット内に設ける場合について

まずは、クローゼット内にルンバ基地を設ける場合についてご紹介します。
クローゼット内に設ける場合は、扉を15センチメートル以上床から上げることで扉を閉じたままでも出入りが可能です。
また、扉の下部分が空いていると違和感があるという方は、使用する際に扉を開ければ問題ありません。
しかし、扉の開き勝手によってルンバの進行方向が変化することがあるため、注意してください。

ルンバを収納する場所は、どのような範囲で使用したいかによって決まります。
ご自身がどの部屋で使用したいのかを考えて、基地の設置場所を決めましょう。
また、ルンバはシリーズによって掃除可能範囲が異なるため、注意してください。

□ルンバ基地に適している場所とは?

次に、どのような場所がルンバ基地を設置するのに適しているのかについてご紹介します。
本記事では3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、平らで硬い床である場所です。
カーペットの上などに基地を設置してしまうと、ルンバが基地に戻りにくくなってしまうため、フローリングなどの平らで硬い床の上に設置してください。
また、基地が壁と接するように設置することで、基地がルンバによって動いてしまうことがなくなるためおすすめです。

2つ目は、基地の赤外線を妨げない場所です。
基地は、赤外線を使ってルンバ本体にその場所を教えています。
赤外線を妨げてしまうものがあるとルンバが基地に帰還できなくなってしまうため、前方に2メートル、幅1.5メートルのスペースを設けられる場所に設置しましょう。
また、侵入禁止エリアを指定できるオプション器具に関しては、ルンバがそれに反応してしまうため、基地の近くに置かないようにしてください。

3つ目は、段差がない場所です。
階段の上などはルンバが落下してしまう可能性があるため、基地の設置場所としてはおすすめできません。
また、ルンバが乗り越えられないような段差のある場所も、ルンバが帰還できないため避けましょう。

□ルンバ基地を設置する際に重要なこととは?

上記では、どのような場所が基地の場所として適しているかについてご紹介しました。
次に、基地を設置する際に重要なことについてご紹介します。
基地を設置する際は、以下の項目について順番に確認してください。

まずは、ルンバのサイズに合わせることです。
基地はルンバの大きさに合わせて設計することが大前提です。
ルンバの大きさはシリーズによって異なるため、ご自身が持っているルンバやこれから購入しようとしているルンバの大きさを測っておきましょう。

次に、余裕を持った基地設計をすることです。
ロボット掃除機は消耗品であり、永久的に使用できるとは言い難いです。
電化製品であるため、数年後に壊れてしまうことや、新しい機種に買い換える可能性も十分にあります。
そのため、今ご自身が持っているルンバやこれから購入しようとしているルンバにしか合わない大きさの基地を設置するのではなく、さまざまな大きさのルンバに対応できる基地設計をしましょう。

□まとめ

本記事では、ルンバ基地の設置場所についてご紹介しました。
ルンバを適切な場所に設置して、より効率的に掃除の手間を省けるようにしましょう。
また、当社では古河市でのご依頼を募集しております。
そのため、柏市にお住まいで注文住宅を建てようとご検討されている方は、ぜひ当社へご連絡ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ