新築でルンバをご検討中の方へ!ルンバ基地を意識した家づくりを!

「注文住宅を建てたらルンバを買いたい」
「ルンバで新築の家を綺麗に保ちたい」

このようにお考えの方も多いでしょう。
そこで今回は、新築を建てる前に考えたい、ルンバの動線やルンバ基地について解説します。

□ルンバとは

ルンバはお掃除ロボットの代名詞にもなりつつありますよね。
アイロボット社が発売し世界累計2500万台以上も出荷されているので、既にご家庭にルンバをお持ちの方も多いでしょう。

ルンバの魅力は自動で最適にお掃除をしてくれる点にあります。
初期のルンバは手あたり次第に掃除をするシンプルなアルゴリズムが組まれていましたが、最新のルンバは部屋の間取り図を作成して最適化する能力が搭載されています。

操作は簡単です。
掃除する部屋にルンバを置いてボタンを押すだけです。
充電が必要になると自動でドックに戻るため手間もかかりません。

しかし、いくら自動でお掃除してくれるとは言え、ルンバが掃除しやすい環境を作る必要はあります。
注文住宅で新築を建てる場合は、ルンバの使用を想定すると間取りの参考にもなります。

*ルンバの動線

そもそもルンバが掃除しやすい家とはどのような家でしょうか。
ここではルンバが動きやすい動線を解説します。

まず、横幅は40cmをキープしましょう。
家具を設置する際に40cmの隙間を維持すれば大抵の場所はルンバが入り込んで掃除をしてくれます。

次に、高さを10cmキープすることです。
ギリギリの高さだとセンサーが壁として反応する場合もあります。
しかし、基本的にはルンバは自分の背丈以下の隙間であれば、ソファの下にも潜り込めます。
最近のソファはルンバが掃除することを見越して足高にデザインされている物も多いので探してみてはいかがでしょうか。

*ルンバの基地

ルンバの動線と同じくらい気を付けたいのがルンバ基地の設置です。
注文住宅で設計から考えて長期的に住む場合は、ルンバの基地スペースについても検討すると良いでしょう。
今のモデルにサイズ感を合わせすぎると、今後別の機種が欲しくなる場合に不便です。
そのため、余裕を持った配置や基地設計が重要です。

□新築時のおすすめルンバ基地とは

「新築時にルンバ基地の設計まで考えられない」
こう思われる方も多いでしょう。
しかし、最低でも横幅40cm・高さ10cmほどのスペースを確保するだけなので、意外と簡単です。
新築時にルンバ基地の置き場所を想定していれば、邪魔にならない配置や目隠しで見た目も綺麗にできます。

多くの方は家具や収納の下の部分をルンバ基地に活用しています。
しかし、収納自体が高くなり、使いやすい高さの収納量が減るという問題がありました。

そこで、おすすめしたいルンバ基地の場所が、階段部分です。
階段の1段目と2段目を凹ますことで、スッキリとしたルンバ基地を確保できます。
階段1段分の高さだとかなり低いですよね。
そのため2段目まで下のスペースを空けてルンバ基地にするのがおすすめです。

また、ストリップ階段奥にルンバ基地を設けるというアイデアもあります。
ストリップ階段なので、反対側から基地のお掃除もしやすいのが嬉しいですよね。
他にも、ランドリールームのカウンター下やファミリーロッカーの下に凹みを作るケースもあります。

このように、壁を凹ませることで大きなルンバもスッキリ収納できます。
また、新築時にルンバ基地の設計を想定していれば、コンセントの配置も考えられるのでおすすめです。

□まとめ

今回は、ルンバ基地を意識して新築を建てることについてお伝えしました。
ルンバは高さと幅の制限があるため、動線だけでなく基地のスペースも確保することが重要です。
当社では、柏市や古河市で機能性を含めたデザインの注文住宅を提供しています。
まずはお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ