次世代まで残る注文住宅を建てましょう!ランニングコストを意識した家づくりを!

 
注文住宅を建てる際にランニングコストを考えたことはありますか。
多くの方は、建築費を抑えることに注力していますよね。
しかし、初期費用を抑えるほど、長い目で見れば結果的に住宅費が高くつくことをご存知でしょうか。
今回は、注文住宅を建てる前に知ってほしいランニングコストについて解説します。
 

□ランニングコストとは

*イニシャルコストとランニングコストとは

イニシャルコストとは、住宅の建設時にかかる費用です。
住宅を購入する際にかかる費用全般なので、ローン保証料や登記費用、火災保険などの経費や税金なども含まれます。
一方でランニングコストとは、住宅建設後に毎月かかる費用です。
住宅のメンテナンス費や日々の光熱費だけでなく、駐車場代なども含まれます。
 
実は、初めに建てた家によって、その後のランニングコストが大きく変わることをご存知でしょうか。
そのため、注文住宅を建てる前にランニングコストについて知ることが重要です。
 
しかし、一般的にはイニシャルコストを安く抑えたいという方が多く、ランニングコストを気にされない方が多いのが実情です。
初めの建築費を抑えたとしても、日々の暮らしでランニングコストがかさみ、数十年後には結果的に住宅費が莫大な金額になることがあります。
いくら安く家を建てても、長く住んでいれば、結果的に多くの金額を住宅の維持費にかける方が多くいらっしゃいます。
 
注文住宅を建てる際には、ランニングコストも考慮することが重要です。
実際に住み始めたらどのくらいの費用がかかるのかを大まかに計算して、予算の計画やプランの練り直しをしてみましょう。
 

*家にかかるランニングコストの内訳とは

 
実際にランニングコストにはどのような費用が含まれているのでしょう。
ここではランニングコストを形成する主な3つの費用を紹介します。
 
まずは、光熱費です。
毎日使う電気やガスの費用はできるだけ抑えたいですよね。
省エネな家を建てることで光熱費を下げることができます。
 
次に修繕費です。
主に雨風にさらされる外壁や屋根部分の塗装の剥がれ、壁の汚れなどを直すことになります。
 
実は、外壁塗装の修繕に必要な費用の相場は200万円ということをご存知でしょうか。
10年に一度の塗装が必要と言われているので、30年で3回行えば600万円かかります。
さらに、白アリ防除は5年ごとのメンテナンスが必要と言われており、1回あたり20万円の費用が必要です。
 
最後の主なランニングコストは建て替え費です。
建て替え費は家を建てた後の最大の出費と言われています。
一般的に、日本の住宅の平均寿命は30年前後です。
 
例えば、30歳で家を建てた場合は60歳には建て替えの必要に迫られます。
せっかく建てる家ですので、30年しか持たないのはもったいないですよね。
注文住宅を建てるなら、自分が老後まで住み続けられて、次世代まで続くような家を建てましょう。
 

□間取りを工夫してランニングコストを下げましょう!

 
では、どのようにすればランニングコストを抑えた家を建てられるのでしょうか。
ランニングコストを抑える方法はいくつかありますが、ここでは間取りの工夫を紹介します。
 
日本の夏は冷房なしでは過ごせないですよね。
そこで、軒で直射日光を防げる設計にするのはいかがでしょう。
熱気が部屋にこもらないような空気の循環をスムーズにする部屋の配置を取るアイデアもおすすめです。
冬場なら太陽の光が内部に差し込む間取りにして、夜でも暖かさを室内にため込むような設計もできるでしょう。
 
また、コンパクトな設計もおすすめです。
部屋数が少なければ、各部屋に冷暖房設備をそろえる必要はないため、光熱費を抑えられるからです。
 

□まとめ

 
今回は、注文住宅のランニングコストについて解説しました。
多くの方はイニシャルコストを抑えることに注目しますが、最初こそランニングコストを抑えられる家づくりが重要になります。
当社では、時間とともに価値が高まる家を建てています。
柏市や古河市で注文住宅をお考えの方はお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ