注文住宅を建てる土地を探している方へ!土地探しの注意点とは?

注文住宅を建てるための土地をお探しの方はいらっしゃいませんか。
実は、理想の注文住宅を建てるためには土地探しが重要であることをご存知でしょうか。
購入した土地では希望通りの家が建てられない、となることも実際にあります。
そこで今回は、理想の家を建てるための土地探しの注意点をご紹介します。

□注文住宅では土地探しから重要

注文住宅を建てたいと思ったときに、土地についても考える必要がありますよね。
既に土地がある場合は、好みのハウスメーカーや工務店を選んで注文住宅の建設に着手できます。
ですが、土地を所有していない場合の注文住宅の建設はどのようにするのが良いのでしょう。

注文住宅を検討している際に取られる行動として、住宅展示場に足を運んだり、不動産や工務店やハウスメーカーに相談したりといったものが、いくつか挙げられます。
ついつい住宅そのものに目が行きがちですが、実は、注文住宅においては土地探しが重要です。
良い土地を見つけられなければ、希望通りの家を建てられず、周辺環境に悩まされてせっかく建てた家なのに快適に過ごせない、という可能性も出てきます。

□土地探しの注意点とは

では、土地探しの段階で具体的に何に注意すべきでしょうか。
ここでは、希望の家を建てるために、土地購入の前に確認したいポイントを3つ紹介します。

1つ目は、建ぺい率と容積率を把握しましょう。
耳慣れない言葉に戸惑うかもしれませんが、建ぺい率とは土地面積に対する建物の建築面積の割合で、容積率とは土地面積に対する延床面積の割合です。
つまり、建ぺい率と容積率は、建築面積と延べ床面積をそれぞれ土地面積で割った値になります。
建ぺい率と容積率によって、建設予定の土地に対してどのくらいの広さで何階建ての家が建てられるかが決まります。

2つ目は、高さ制限や日陰規制などの建築制限です。
建ぺい率や容積率だけでなく、土地の広さや形、家の向きなどの方角や面する道路条件によって、建築制限がかかる場合があります。
希望の家が具体的に決まっている際は、建築時においてそれらの制限がないかチェックしましょう。
代表的な建築制限として、高さ制限、道路斜線制限、日陰制限、北側斜線制限などがあります。

3つ目は、土地の大幅な工事が必要となる宅地造成区域です。
例えば、森林や山を切り開いて作られた土地の場合は、傾斜や高低差が残っていて、そのままでは家を建てれないことが多いです。
その場合、家を平らな場所に安全に建てるための土地ならしが行われます。

この工事には自治体の許可が必要で、工事費用もかかります。
さらに、建築後や入居後に増改築をしたい場合も、再度工事が必要です。
このような費用と手間を考えると、そもそも工事が必要な山や森林での家作りは、よほどのこだわりがない限り避けるのが安全でしょう。

以上の3つが、希望の家を建てるために押さえたいポイントです。
土地探しの際に、周辺環境や地盤や日当たりなどの条件を確認する方は多いですが、今回のポイントは初めて聞いたという方も多いでしょう。
これらは、素人には普段馴染みのないことですが、希望する家を建てるために確認したい土地の条件です。
これらの法律や条例によって、土地に建てられる家の大きさや高さは異なってくるため、土地の購入を決める前に確認しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に重要である土地探しの重要性について、注意点と共に解説しました。
希望通りの家を建てるためには、土地探しから入念な確認を行うことが重要です。
当社では、注文住宅の建設だけでなく土地探しからお客様にご提案しています。
柏市で注文住宅をお考えの方はお気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ