注文住宅でマイホームを建てるには?注文住宅の一連の流れを解説します!

注文住宅でマイホームを建てたい方はいらっしゃいませんか。
全て自分たちでプランを立てて家を建てるとなると、夢も広がりますよね。
ですが、注文住宅がどのような流れで出来上がるのか、よく分からないという方も多いでしょう。
今回は、注文住宅が出来上がるまでの一連の流れと、それぞれにかかる期間を解説いたします。

□注文住宅完成までは3ステップある

注文住宅が完成するまでの流れは大きく3つに分けられます。
相談しながらイメージづくり、プラン作成やローン審査、本契約の3段階です。

初めに、モデルハウス見学や土地探しを通じて相談をします。
まずは、インターネットでの情報収集を通じて、どのような住まいにしたいのかをイメージします。
写真や雑誌などから多くのアイデアが生まれますし、実際にモデルハウスに見学に行けばさらにイメージがしやすいでしょう。
ある程度のイメージができたら、間取りや設備などを具体的に決めます。

この時に土地探しも行うことが重要です。
住みたいエリアや、会社や学校までの通勤、通学時間などの周辺環境の条件をピックアップし、優先順位をつけましょう。

次は、プラン作成やお見積りを経てローン審査をする段階です。
土地が決まれば、予算内で設計プランを立てて間取りを決めていきます。
見積は予算に合わせて柔軟に変更できるので焦らずにじっくり検討しましょう。
本契約を結ぶ前に建築プランの最終的な調整をすることも重要です。

見積もりに納得し確認もできたら、土地売買契約や建物請負契約などの本契約を結ぶ段階です。
土地売買契約前には重要事項の説明があるので、しっかり確認しましょう。
そして、その後の打ち合わせに納得すれば建物請負契約を結びます。

最終的に決定した建築プランが建築基準に合致しているかを役場に確認します。
市区町村などの役場に建築確認申請を提出するのですが、その後プランに変更が生じた場合は再度申請が必要です。
工事着工前には土地のお祓いが行われ、いよいよ工事に入ります。

工事が終わればマイホームの完成です。
最後に引き渡しセレモニーが行われます。

このように、土地探しと相談、プラン作成やローン審査、契約と施工の3段階を経て注文住宅が完成します。

□注文住宅が完成するまでの期間とは

では、注文住宅が完成するまでに、一体どのフェーズでどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

一般的に、注文住宅完成までに要する期間は約8~15か月と言われています。
ですが、この期間はプラン内容や工法によって異なりますし、何よりも土地探しにかかる時間にも大きく左右されます。
一生に一度の大きな買い物なので、土地も住宅も妥協せずに考えたいですよね。
実際にプランを自由に検討できる注文住宅では、2年以上の時間をかけて家作りを進める方もいらっしゃいます。

それぞれの段階でかかる期間としては、注文住宅や土地のイメージ作りや情報収集に1~3か月、比較検討と契約に3~6カ月、工事期間に3~6カ月かかることが多いです。
土地やプランから自由にできる注文住宅では、ついつい悩んでしまい、完成までの期間が長引いてしまいます。
スムーズに注文住宅を建てるためには、条件の優先順位や土地探しの期間を決めましょう。
予め入居日を決めることで、そこから逆算してスケジュールを立てることもおすすめです。

□まとめ

今回は、注文住宅が出来上がるまでの流れを解説しました。
住みたい家のイメージ化から始まり、様々な比較検討を経てマイホームが完成します。
当社では、注文住宅をご検討中の方に向けて様々なイベントを開催しております。
柏市で注文住宅をお考えの方は、まずはモデルハウスや見学会などに参加されてはいかがでしょうか。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ