注文住宅のための土地探しをしている方へ!土地探しのポイントとは?

注文住宅を建てるにはまず土地が必要ですよね。
チラシやインターネットでもエリアや広さなどの情報を入手できますが、実際に現地訪問しなければ分からないことも多くあります。
そこで今回は、注文住宅のための土地探しをしている方に向けて、土地探しのポイントを解説いたします。

□土地探しから工務店に相談

注文住宅を建てる前にまず土地を購入する必要がありますよね。
土地の購入と言えば、不動産会社を真っ先に思い浮かべる方も多いでしょう。
ですが、ハウスメーカーや工務店でも土地探しができることをご存知でしょうか。

確かに不動産会社は土地の取引を専門としています。
ですが、皆さまは単に土地を購入したいのではなく、注文住宅まで建てることを前提にしていますよね。
そのため、理想の住まいを求めるお客様が探すべきなのは、家を建てるための土地です。
その場合、ハウスメーカーや工務店に土地探しを相談することをおすすめします。

なぜなら、家を建てる際には様々な建築制限があり、場合によっては理想の家を建てづらい土地を購入してしまう恐れがあるからです。
希望のエリアで予算内の良い土地を見つけても、建築設計の段階で高さや広さに制限がある家を建てることになったり、想定外の予算が必要になったりする可能性もあります。
そのため、注文住宅を建てる土地を探す場合はハウスメーカーや工務店に依頼しましょう。
住宅のプロなので、希望通りの家を建てられる土地か、土地と建物を合わせた予算がいくらかなどを判断できます。

さらに、地元密着型の工務店なら、地域の情報に詳しく、地元からの信頼もあります。
建築後も何十年とお付き合いができるので、土地や住宅に関するアフターケアも安心です。

工務店に土地を依頼する際は、希望のエリアや広さ、建物込みの総予算などの条件を詳しく伝えると、条件に合った土地を探せます。
そして土地が見つかり次第、契約を進めればすぐに建設に移行できます。
土地の購入から住宅ローンまで窓口を一本化できるので、スムーズに注文住宅を建てることが可能です。

□土地探しのポイントとは

では、実際に工務店と土地探しをする際にどのような観点から土地を見れば良いのでしょう。
ここでは、現地で土地をチェックする際に押さえたいポイントを3つご紹介します。

1つ目は、日当たりや風通しです。
近くに雑木林や竹林があると風通しが悪くなるので注意しましょう。
また、晴天時は良さそうに見えても、雨天時に側溝の水はけの悪さなどが明らかになる場合があります。
そのため、天気の異なる日に複数回訪問すると良いでしょう。

2つ目は、電柱やゴミ置き場などです。
間口の真正面に電柱があると不便ですよね。
電力会社に問い合わせて移設工事をしてもらうことも可能ですが時間も費用もかかります。
また、家の近くの電柱がゴミ集積所になっている場合もあるので予め確認しましょう。

3つ目は、古家の有無です。
土地だけの価格で販売されていても、古家が残っているケースがあります。
この場合、古家付きで土地を購入することになるので、古家の取り壊しは土地購入者の負担になります。
取り壊し費用も含めて適切な売買価格かを見極める必要があるので注意しましょう。

このように、実際に現地を訪問しなければ得られない情報もあり、複数回に分けて現地調査をする必要があります。
実際に家を建てられる土地かどうか、住宅の専門家にも同行してもらいましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる土地を探す際のポイントをご紹介しました。
実際に現地を訪ねて周辺環境を確認することで、住宅を建てられる家かどうか、問題がない土地かどうかを判断できます。
当社では土地探しからお客様をお手伝いし、理想の住まい作りをサポートしております。
柏市で注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ