住まいづくりで機能性を重視したい方へ!おすすめの間取りとポイントをご紹介!

注文住宅を建てる際、デザインだけでなく機能性も重視する必要があります。
機能性の高い住宅を実現することで、建てた後も長く快適に住み続けられるでしょう。
そこで今回は、機能性の高い住宅を実現するための間取りの例とポイントをご紹介します。
柏市で注文住宅の購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□使い勝手の良い間取りの例をご紹介!

機能性の高い住宅にするために重要なのが間取りです。
どのような間取りにするかお悩みの方も多いでしょう。
そこで、使い勝手の良い間取りの例を4つご紹介します。

1つ目は対面キッチンです。
家事の中でも最も使用頻度が多いのがキッチンでしょう。
対面キッチンであれば、家事をしながらリビングを見渡せます。
そのため、小さなお子様がいらっしゃるご家庭にはぴったりです。

また、料理をしながらリビングにいる家族との会話を楽しめます。
家族とのコミュニケーションが自然と増え、距離が縮まるでしょう。

2つ目はリビング階段です。
これはリビングに取り付ける階段のことです。
2階に行くためには必ずリビングを通る必要があるので、家族と顔を合わせる機会が増えるでしょう。
また、階段下を収納スペースにすることで荷物の出し入れが楽になります。

3つ目はウォークインクローゼットです。
洋服が多いご家庭にはウォークインクローゼットがおすすめです。
室内は歩けるようになっているため、クローゼット内で着替えを済ませられます。
鏡を置いておけば、化粧台に行く必要もありませんね。

4つ目はパントリーです。
これはキッチンにある収納のことで、主に食料や調理器具を保存する際に活用します。
共働きで買い物の回数が少なく、買い置きをしているご家庭にはぴったりです。
大家族で多くの食料品が必要な場合も、パントリーがあることで買い物に行く回数が減り、家事の負担が軽減されるでしょう。

また、非常事態用の食料と水を保存しておくのも良いでしょう。

ここまで使い勝手の良い間取りの例をご紹介しました。
ただし使い勝手が良いと感じるポイントは人それぞれです。
そのため、今回の例を参考にご自身に合ったものを取り入れましょう。

□機能性の高い住宅を実現するためのポイントとは?

使い勝手の良い住宅にするためには、何を意識すれば良いのでしょうか。

それは、過去の失敗事例から学ぶことです。
注文住宅では、住み始めてから不満が出てくる場合も少なくありません。
そうならないためにも、過去の失敗事例を知っておきましょう。

例えば、コンセントの数が少ないという失敗はよくあります。
このような失敗を防ぐためには、現在使用している家電の数を把握し、どこで使うのかを明確にしておくことが大切です。
さらに、これを間取り図に記入しておくと良いでしょう。

また、上記でご紹介したウォークインクローゼットの間口が狭いという失敗もよく見受けられます。
せっかく取り入れたのにもかかわらず、間口が狭くて荷物が入らないということにはなりたくないですよね。
設計の段階で収納したい荷物を把握しておき、前もって横幅を測っておくと良いでしょう。

このように、実際に住み始めてから失敗したポイントを把握しておくことで、ご自身の住まいづくりのヒントを見つけられるでしょう。
住まいづくりに関する情報を集める際には、ぜひ失敗例にも目を向けてみてください。

□まとめ

今回は機能性の高い注文住宅についてご紹介しました。
住み心地の良い住宅にするためにも、今回ご紹介した間取りを取り入れてみるのはいかがでしょうか。
当社では機能性を重視し、お客様が快適に暮らせる住まいづくりを行っております。
注文住宅の購入をお考えなら、ぜひ当社にご相談ください。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ